「Wnn」用「G-Code」

(1999-04-29)


はじめに

 ここに置いてあるのは「 Wnn98 」用のローマ字データです。
 「Wnn98 R3.0」で動作確認をしました。


ダウンロード

(※)以前の"gc_wnn98.lzh"には不完全なところがありました。4月29日の18:30以前にダウンロードした方は、恐れ入りますが、再度ダウンロードして新しい方をご利用ください。
gc_wnn98.lzh 「Wnn」用データ(基本+拡張セット)※
GC2STR.LZH ストローク表(基本セット)
GC3STR.LZH ストローク表(拡張セット)

インストール方法

 以下の手順でインストールしてください。

  1. G-Code用のユーザスタイルを追加する
    1. 「Wnn98 環境設定ツール」を起動する
    2. 「スタイル」タブを選び、「追加(T)...」ボタンを押す
    3. スタイル名に「G-Code」と入力し、元にするスタイル名を選び、「OK」ボタンを押す
    4. 「OK」ボタンを押して、「Wnn98 環境設定ツール」を閉じる
  2. 追加したユーザースタイルにG-Codeのローマ字データを組み込む
    1. ダウンロードした"gc_wnn.lzh"を解凍する
    2. "2b_romka.gc2"(または"2b_romka.gc3")を「Wnn98」のインストール先の"usr\all\rk"フォルダにコピーする
    3. "usr\all\rk"フォルダ内にある"2b_romka.???"("???"は"000"〜)の作成日時を確認して、削除する
    4. "2b_romka.gc2"(または"2b_romka.gc3")を"2b_romka.???"("???"は削除したファイルの番号)にリネームする
  3. ユーザスタイルを「G-Code」に切り換える
    1. 「Wnn98 環境設定ツール」を起動して、「スタイル」タブを選ぶ
    2. ユーザスタイル名称一覧で「G-Code」を選び、「変更(C)」ボタンを押す
    3. 「適用(A)」ボタンを押し、現在の操作スタイルが「G-Code」に変わったのを確認する
    4. 「OK」ボタンを押して、「Wnn98 環境設定ツール」を閉じる
  4. qモードを無効にする
    1. 「Wnn98 環境設定ツール」を起動して、「キー」タブを選ぶ
    2. 「キー設定」のコンボボックスで"Q"を選ぶ
    3. 「動作モード(D)」でモードを選択し、それぞれのモードについて以下の操作を繰り返す
      1. 「キーからの機能選択(R)」ボタンを押す
      2. 「キーバインド一覧(L)」を見る
      3. 「qモードに入る:Q」が選択されていれば「削除(S)」ボタンを押す
    4. 「OK」ボタンを押して、「Wnn98 環境設定ツール」を閉じる

[ (ダウンロード) | (目次) | トップページ ]