父の父と母の母

 父の母と母の父は、僕が生まれたときには既に他界していました。父の父と母の母も、僕が高校生のときに亡くなってしまいました。そういうわけで、記憶に残っているのは、父の父と母の母だけです。

 父の父は、もしも今生きていればたぶん136歳です。父の父は父の生家にずっと住んでいましたが、会えるのは父が父の生家に帰るお盆のときぐらいでした。お盆のとき、父に連れられて父の生家へ行くと、父の父は父の生家のいつも決まった席に座っていました。いつもにこにこしていましたが、父が子供のころに悪さをしてよく叱られたという話を聞いていたので、ちょっと近寄りがたいような存在感がありました。どちらかというと寡黙で、何かを言うときにはきちんと筋が通っている、そんな人でした。それだけに父の父の一言には重みがあるように感じました。

 母の母は、もしも今生きていればたぶん102歳です。母の母は母の弟の家に住んでいましたが、よくうちに遊びに来ていました。しょっちゅう会っていたので何か一つに絞るのが難しいのですが、僕が三才ぐらいだったとき、外で煙が上がっているのを見つけて火事ではないかと一緒に見に行ったら、実は焚き火だったという思い出があります。この話をすると、うちの家族は必ず大笑いになるのですが、他人にはちっとも面白くないでしょうね。お正月になると、母の母と百人一首をするのが楽しみでした。母の母に読んでもらって札をとるのですが、あるとき、それをカセットに録音して、順番を覚えてしまうくらい繰り返し遊びました。たまに、わざと変な読み方をする札があったりして、そのときは意味も分からず笑っていたけれども、ずいぶん後になって何だそういう意味だったのかと気付かされました。あるとき(母の母が亡くなって何年も経ってから)、たぶん法事か何かの折だと思いますが、このテープをみんなで聞いて懐かしんでいたら、初めて聞いた母の弟が泣き出したという話も、他人にはあまり面白くないでしょうね。

コネタマ参加中: あなたのおじいちゃん・おばあちゃん自慢、聞かせて!

 どこが自慢なのか分からなくなってしまったので、最後にとっておきの自慢話をします。僕のペンネーム(ハンドルネーム)は、実は四人の祖父母の名前(の一部)に由来しているのです。「か」は父の父、「み」は父の母、「かず」は母の父、「しげ」は母の母の名前から(勝手に)いただきました。これも他人には、だから何だよって話でしたね(自慢なんて、そんなもんでしょ)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/926

コメント(6)

むかし、 訪問研究員の方で、 Uwe さんという方がいらっしゃいました。

彼は、領収書に
  上 様
と書かれること、そして、これが 「うえさま」と読まれることを知ると大変気に入ってしまい、どこで何を買っても領収書。そう、Uwe を日本語読みすると、「うえさま」なのです。

あるとき、 「上」 という字は 「かみ」とも読むということを知ったUwe博士。
 上様 ⇒ かみさま ⇒ 神様
という連想をしてしまい、
 日本には八百万(やおよろず)のかみさまがいるのだ
ということを理解しました、、、(ちょっと創作)。

 無風凧さん、こんにちは。

 領収証が八百万枚もあったら、今年度中に使いきれるかどうか…。あ、そっちの紙じゃなかったですね。ちょっと妄想を加味してみました。

 ところで、例のパズルの件ですが、4つの数字が重複しなければ、10になる答えがあることを(力ずくのプログラムで)確認しました。数学的な証明ではありませんけど…。(笑)

 ちなみに、数字が重複する場合で10にできないのは、以下の48通りでした。

(1,1,1,1), (1,1,1,2), (1,1,1,3), (1,1,2,2), (1,1,5,9), (1,1,6,9), (1,1,7,7), (1,1,7,8), (1,1,7,9), (1,1,8,8), (1,3,9,9), (1,4,4,4), (1,4,9,9), (1,6,6,6), (1,6,6,7), (1,6,7,7), (1,6,9,9), (1,7,7,7), (2,2,5,7), (3,4,4,4), (3,6,6,9), (3,7,7,9), (3,9,9,9), (4,4,4,4), (4,4,5,9), (4,4,7,7), (4,5,5,8), (4,8,9,9), (4,9,9,9), (5,6,6,8), (5,7,8,8), (5,7,9,9), (5,8,9,9), (6,6,6,6), (6,6,6,7), (6,6,7,7), (6,7,7,7), (6,7,7,8), (6,8,8,8), (6,8,9,9), (6,9,9,9), (7,7,7,7), (7,7,8,8), (7,7,8,9), (7,7,9,9), (7,8,8,8), (7,9,9,9), (8,8,9,9)

 これ以外の組み合わせなら、必ず10にできます。「1,1,5,8」は超難問ですよ。

かみかずしげさま

完全に脱帽です。手元のノートに、 1,1、x、y の場合(つまり、必ず、1が重複する場合、ただし、xとyは1では無い場合 )の計算結果(手で計算しています)があります。
 1、1、5,8以外は出しています、、、
ということは、1,1,5、8は、無風凧が悩む番です。ちょっと待って下さいね。。。

ありがとうございます。

 何だか面白くなって、アバウトミーに (3, 5, 7, 9)で100を作る問題 をアップしました。
 そんなわけで、酒場の方は臨時休業っす。(笑)

1,1,5,8は、とりあえずクリアしました。確かに今までの中では一番難問だと思いました。

3,5,7,9で100を作るですか、、、一つはすぐに思いつきますけど、、、

48個の検算、この Silver Weekの宿題ということで、、、頑張ります。わくわくしてきました。

 もう解けたんですか。早いですね。

 あ~っ「48手」とは、このことでしたか!

コメントする

地球時間

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

Stats Counter

  • 13343

Powered by Visitor Stats

このページについて

このページは、かみ かずしげが2009年9月14日 21:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『刑事コロンボ/殺しの序曲』の常軌を逸した電気仕掛けのトリック」です。

次のブログ記事は「「科学が発達した世の中に、」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

最近のコメント

広告

ビジネス手帳のダイゴー

※縦開きの手帳、アポイントダイアリー(E1006)はここで注文!
(ネームも入れられますよ)

地球暦

<   2009年9月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

twitter

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261