『刑事コロンボ/サーカス殺人事件』の綱渡り

 いきなり裏話で恐縮だが、BS-hiの今年一回目の放送を見た僕はひっくり返ってそのまま冬眠してしまった(*1)。そんなわけで、今後はNHKの放送順を無視して米国での初回放送順(ほぼ制作順)で書いていこうと思う。その前に、放送休止の週に読んでいた活字版の未映像化作品を片付けておきたい。

(*1)なぜって、あの『愛情の計算』ですよ。突っ込みどころが多過ぎて、あれこれ考えてるうちにわけが分からなくなり、頭の頭痛が痛くなってしまったのだ。いずれは何か書きたくなるのだろうが、今はまだ何も思い浮かばない。

 『サーカス殺人事件』(*2)――タイトルを見ただけでわくわくするではありませんか。

(*2)二見書房から2003年4月に発行された未映像化作品だ。訳者あとがきには「本シリーズで『祝砲の挽歌』『策謀の結末』を手がけたベテランのシナリオ・ライター、ハワード・バークが一九七五年末に書きあげた台本(Roar of the Crowd=観衆の歓声)はついに未製作のまま陽の目を見なかった。」とある。

 コロンボが甥っ子を連れてサーカスに行くが、綿菓子とアイスクリームを買ってる間に甥っ子たちが行方不明になる。甥っ子たちに言わせれば迷子になったのは叔父さんの方だ(甥っ子たちが一度も姿を見せないところは実にうまい!)。そんな小事件と並行して、犯人の殺人計画が着々と進行していく…。はい、ここまで! ここから先はキップを買った人しか入れませんよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1031

コメントする

地球時間

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

Stats Counter

  • 13343

Powered by Visitor Stats

このページについて

このページは、かみ かずしげが2010年5月 1日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アバウトミー質問フィルター(AQF)について」です。

次のブログ記事は「小池版『策謀の結末』復元!」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

広告

ビジネス手帳のダイゴー

※縦開きの手帳、アポイントダイアリー(E1006)はここで注文!
(ネームも入れられますよ)

地球暦

<   2010年5月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261