つぶやいたのは誰の心

 今から一ヶ月ほど前の話です。2010年12月12日、Twitterの検索結果(*1)に、「昔、筒井康隆の作品に影響をうけて、高校生がおじいちゃんを殺したという事件がありました。」で始まる文章が大量に表示される事態が発生し、それが一週間以上続きました。

(*1) 僕はときどき「筒井康隆」を含むツイートを検索して「ロチャニをベラルゴする筒井康隆の作品は何だったっけ?」などという疑問を見つけると、横から「それは発明後のパターンではありませんか」なんて口出しをする、どちらかといえばお節介なツツイストをやっております。

 それは、主に以下のようなツイートでした。

"昔、筒井康隆の作品に影響をうけて、高校生がおじいちゃんを殺したという事件がありました。本人が「筒井作品に影響をうけて」と、はっきり言っちゃったんですよ。 あの時の筒井康隆は偉かったよね。 「文学とはそういうものだ」ってはっきりと言い切ったんです。" ... <URL>

 ツイートの末尾に書かれたURLに飛んでみると、岡田斗司夫の『遺言』からの引用文がただ掲載されているだけのブログ記事(*2)が現れました。

 さっそく『遺言』を取り寄せて読んでみると、確かに引用文と同じ文章がありました。

 昔、筒井康隆の作品に影響をうけて、高校生がおじいちゃんを殺したという事件がありました。本人が「筒井作品に影響をうけて」と、はっきり言っちゃったんですよ。
 あの時の筒井康隆は偉かったよね。
「文学とはそういうものだ」ってはっきりと言い切ったんです。
 文学というのは人の心を立派にするようなものではなくて、人の心を下品にしたり、殺人者を生んだりする毒である。毒であるからこそ素晴らしいのだ。この世の中にはない「毒」がつくれるからこその文学である。
 だから俺は「俺の作品で人殺しが出た」ということを誇りにはしないが、隠そうとも思わない。

〔岡田斗司夫『遺言』(第3章)より〕

(*2) 改めて検索してみると、上記と同じ範囲を『遺言』から引用しているブログ記事がいくつもあることが分かりました。僕は今まで知らなかったのですが、ブログ記事を(Twitterのリツイートのように)「リブログ」できるTumblrというブログサービスを使っているために、全く同じ内容の記事が複数存在しているようです。

 いかにも筒井康隆が言いそうな言葉のようにも見えますが、僕には何かが違うぞという感覚がありました。

 まず、岡田さんが書いていることには事実誤認があります。これについては、iPASTISTさんのブログ「青春を取り戻せ」の「岡田斗司夫は「世田谷の祖母殺し事件」を誤解している説」に詳しく書かれているので、そちらを御覧ください。

 ここで、上記の引用文を「はっきりと言い切ったんです」までの前半と「文学というのは人の心を」以降の後半に分けることにします。Twitterの文字数制限のために前半だけを含むツイートが多かったこともその理由の一つですが、後半は岡田さんが筒井さんの発言内容を引用しているのか、岡田さん自身の考えを述べているのかが、上記の引用範囲を読んだ限りでは明確に区別できないからでもあります。

 後半が岡田さん自身の考えでないことは、その続きを読めば分かります。

 筒井さんの言葉は、文学者として立派な覚悟です。
 文学者とは、夜中一人で原稿用紙と対話して自分の作品を産み出すことだけに関わり切れる人です。
 でも、アニメを作る人間は文学者じゃありません。作家でもないし、芸術家でもない。
 さっきも言ったように、百人以上のスタッフと関わり合いながら仕事をする人間であり、日常として見せる作品を作っている人なのです。アニメーションの現場で共同作業している人間は、そういう芸術性を保っていられる領域なのかなぁといまだに疑問なんですよ。

〔同上〕

 ここまで読めば、岡田さんの言わんとするところは、だいたい理解できるかと思います。さらに、この続きを読めば、もっとはっきりするでしょう。

 芸術がやりたいなら、別のフィールドがあるはずです。
 アニメは、アニメファンの人たちが、お金を払ってアニメを見てくれたり、もしくはTVでスポンサーがお金を出してくれて無料で放映してくれたりという仕組みのなかで、アニメが好きだという気持ちに寄り掛かって作っているエンターティメントです。
 そういうエンターティメントの中では、最低限の倫理が守られているべきだと思います。

〔同上〕

 どうでしょうか。最初に紹介したツイートやブログで引用された範囲を読んだときとは、ずいぶん違った印象になるのではないでしょうか。

 僕には、岡田さんの『遺言』を読んでブログに引用した人や、そのブログ記事を読んでリブログした人や、それを読んでツイートした人や、それを読んでリツイートした人が何を言いたかったのかまでは分かりません。しかし、その引用文が流布した様子を見る限りでは、岡田さんの意図とはかなり異なる意図が働いていたように思えます。

 さて、筒井さんが本当にそんなことを言ったのかという疑問が残ってしまいましたが、それはまた別の機会に書くことにします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1045

コメントする

地球時間

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

Stats Counter

  • 13343

Powered by Visitor Stats

このページについて

このページは、かみ かずしげが2011年1月 9日 20:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「妙なことを急に思いついて、」です。

次のブログ記事は「最近見かけたツイッター上の情報拡散について」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

広告

ビジネス手帳のダイゴー

※縦開きの手帳、アポイントダイアリー(E1006)はここで注文!
(ネームも入れられますよ)

地球暦

<   2011年1月   >
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

twitter

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261