カテゴリ「メディア」の記事 (10)

 ときどき適当なキーワードを使って検索して、ツイッター上の情報拡散を観察している。

 まずは、分かりやすい例を見てみよう。

 この情報の出所はアンサイクロペディアの記事だ。すぐに“デマ”だとツイートした人もいるのだが、7月に入った今も真に受けている人がちらほらいる。中にはアンサイクロペディアを「悪質なデマサイトだ」などと言う人までいたりするのが面白い。情報源を自分でしっかり確認していない人がいかに多いかが伺える。


| コメント(0) | トラックバック(0)

 今から一ヶ月ほど前の話です。2010年12月12日、Twitterの検索結果(*1)に、「昔、筒井康隆の作品に影響をうけて、高校生がおじいちゃんを殺したという事件がありました。」で始まる文章が大量に表示される事態が発生し、それが一週間以上続きました。

(*1) 僕はときどき「筒井康隆」を含むツイートを検索して「ロチャニをベラルゴする筒井康隆の作品は何だったっけ?」などという疑問を見つけると、横から「それは発明後のパターンではありませんか」なんて口出しをする、どちらかといえばお節介なツツイストをやっております。

 それは、主に以下のようなツイートでした。

"昔、筒井康隆の作品に影響をうけて、高校生がおじいちゃんを殺したという事件がありました。本人が「筒井作品に影響をうけて」と、はっきり言っちゃったんですよ。 あの時の筒井康隆は偉かったよね。 「文学とはそういうものだ」ってはっきりと言い切ったんです。" ... <URL>

 ツイートの末尾に書かれたURLに飛んでみると、岡田斗司夫の『遺言』からの引用文がただ掲載されているだけのブログ記事(*2)が現れました。

 さっそく『遺言』を取り寄せて読んでみると、確かに引用文と同じ文章がありました。

 昔、筒井康隆の作品に影響をうけて、高校生がおじいちゃんを殺したという事件がありました。本人が「筒井作品に影響をうけて」と、はっきり言っちゃったんですよ。
 あの時の筒井康隆は偉かったよね。
「文学とはそういうものだ」ってはっきりと言い切ったんです。
 文学というのは人の心を立派にするようなものではなくて、人の心を下品にしたり、殺人者を生んだりする毒である。毒であるからこそ素晴らしいのだ。この世の中にはない「毒」がつくれるからこその文学である。
 だから俺は「俺の作品で人殺しが出た」ということを誇りにはしないが、隠そうとも思わない。

〔岡田斗司夫『遺言』(第3章)より〕

(*2) 改めて検索してみると、上記と同じ範囲を『遺言』から引用しているブログ記事がいくつもあることが分かりました。僕は今まで知らなかったのですが、ブログ記事を(Twitterのリツイートのように)「リブログ」できるTumblrというブログサービスを使っているために、全く同じ内容の記事が複数存在しているようです。

 いかにも筒井康隆が言いそうな言葉のようにも見えますが、僕には何かが違うぞという感覚がありました。

 まず、岡田さんが書いていることには事実誤認があります。これについては、iPASTISTさんのブログ「青春を取り戻せ」の「岡田斗司夫は「世田谷の祖母殺し事件」を誤解している説」に詳しく書かれているので、そちらを御覧ください。

 ここで、上記の引用文を「はっきりと言い切ったんです」までの前半と「文学というのは人の心を」以降の後半に分けることにします。Twitterの文字数制限のために前半だけを含むツイートが多かったこともその理由の一つですが、後半は岡田さんが筒井さんの発言内容を引用しているのか、岡田さん自身の考えを述べているのかが、上記の引用範囲を読んだ限りでは明確に区別できないからでもあります。

 後半が岡田さん自身の考えでないことは、その続きを読めば分かります。

 筒井さんの言葉は、文学者として立派な覚悟です。
 文学者とは、夜中一人で原稿用紙と対話して自分の作品を産み出すことだけに関わり切れる人です。
 でも、アニメを作る人間は文学者じゃありません。作家でもないし、芸術家でもない。
 さっきも言ったように、百人以上のスタッフと関わり合いながら仕事をする人間であり、日常として見せる作品を作っている人なのです。アニメーションの現場で共同作業している人間は、そういう芸術性を保っていられる領域なのかなぁといまだに疑問なんですよ。

〔同上〕

 ここまで読めば、岡田さんの言わんとするところは、だいたい理解できるかと思います。さらに、この続きを読めば、もっとはっきりするでしょう。

 芸術がやりたいなら、別のフィールドがあるはずです。
 アニメは、アニメファンの人たちが、お金を払ってアニメを見てくれたり、もしくはTVでスポンサーがお金を出してくれて無料で放映してくれたりという仕組みのなかで、アニメが好きだという気持ちに寄り掛かって作っているエンターティメントです。
 そういうエンターティメントの中では、最低限の倫理が守られているべきだと思います。

〔同上〕

 どうでしょうか。最初に紹介したツイートやブログで引用された範囲を読んだときとは、ずいぶん違った印象になるのではないでしょうか。

 僕には、岡田さんの『遺言』を読んでブログに引用した人や、そのブログ記事を読んでリブログした人や、それを読んでツイートした人や、それを読んでリツイートした人が何を言いたかったのかまでは分かりません。しかし、その引用文が流布した様子を見る限りでは、岡田さんの意図とはかなり異なる意図が働いていたように思えます。

 さて、筒井さんが本当にそんなことを言ったのかという疑問が残ってしまいましたが、それはまた別の機会に書くことにします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 このごろしきりにテレビCMで「世界一安全なアドレス」と秘密結社鷹の爪の総統がおっしゃっている「.jp」アドレスのアパウトミーですけれども、このところずっと迷惑な質問が大量に投稿されていて、みなさん相当頭を悩ませているようです。

 迷惑な質問の投稿者以外を次々にコンタクトに登録するとか、迷惑な質問にわざとダミーの回答をして二度と表示されないようにするとか、いろんな手で対処してみても、そのために無駄な時間を費やしている自分にハタと気付いたときの無力感といったら筆舌に尽くしがたいものがあります。

 そんなわけで、もっと根本的に解決しようと思い立って、迷惑な質問を「非表示」にするサイトを作っているところです。

 今はまだ「質問一覧」をただ表示するだけの機能しかできていません(フィルター機能はこれから追加します)けれども、とにかく何をやろうとしているのかを理解していただくために「第二実験室」というサイトで公開しています。

 皆さんの御参加と御協力をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 NHKの海外ドラマ・スタッフブログを読んでいたら、別のスタッフからの伝聞をもとに、まことしやかなことが書き綴られていたので驚いた。公共放送の関係者だったら、伝聞よりも事実をもっと重視してほしいと思う。(*1)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 読者の皆様です。

コネタマ迷走中:コネタマの利用に関する注意事項変更のお知らせ

 私は、「コネタマ」に投稿した全ての記事の著作者人格権を放棄します。どなたでも、記事の「全部または一部を、必要に応じて加工・編集」して、二次利用してくださって結構です。

 不適切なトラックバックURLの取り消しに合わせて、この記事の一部を変更しました。(2009/03/17 00:34)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 YouTubeやニコニコで、KBCの「ドォーモ/見えない生活」の一部を見て、年がいもなく、ファンになりました。

 きれいで、まっすぐですね。

 北京パラリンピックの結果はちょっと残念でしたが、「勝負は勝ち負けじゃない」という坂田明さんの名言を贈りたいと思います。(なんだそりゃ?)

 「ゴールボールって何?」という方は、ヤホーとかゴーグルで調べてみてください。

 僕も最近知ったばかりですけど、こういうスポーツがあったんですね。健常者が参加しても公平に試合ができるところが面白いよね。

コネタマ参加中: あなたが注目する美男・美女アスリートは誰?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ニュースを聞いていると、時々気になる表現に出くわす。

 たとえば、著名人の訃報で、「○○日に亡くなっていたことが分かりました」という言葉を聞くと、死亡してから遺体が発見されるまでに放置されていたのかと想像してしまう。もちろん、遺族の方々が公表を控えていただけなのだろうと、すぐに思い直すのだが。

| コメント(0) | トラックバック(0)
| コメント(0) | トラックバック(1)

例えば、「かみかずしげという広島のジャズファンが、最近、MADテープについて何か言っている」というのは事実誤認であると書いておいたら、ある日、青色の部分だけ引用された文章を目にしてしまったと想像してみてください。

MADテープの起源に関する文章は、「事実誤認である」とまでは言ってなくて、「これは妥当だろうか?」という問いかけなので、上にあげた例とは若干ニュアンスが異なる。とはいえ、その引用が、私が妥当性を疑問視している当の通説を強化(既成事実化)する方向に作用してしまっているのは、どうにも困ったことだなと思うのです。

| コメント(2) | トラックバック(1)

 最近、気になってることがある。

「MADテープの起源は、1978年頃のMAD島川氏とY氏の試みから生まれた『MAD TAPE』である」

というのが、どうやらネット上では通説になっているらしい。これは妥当だろうか?

| コメント(2) | トラックバック(3)

地球時間

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

Stats Counter

  • 13343

Powered by Visitor Stats

このページについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちメディアカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはミステリです。

次のカテゴリは一発ネタです。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

最近のコメント

広告

ビジネス手帳のダイゴー

※縦開きの手帳、アポイントダイアリー(E1006)はここで注文!
(ネームも入れられますよ)

地球暦

<   2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261