カテゴリ「過去/歴史」の記事 (10)

 今から一ヶ月ほど前の話です。2010年12月12日、Twitterの検索結果(*1)に、「昔、筒井康隆の作品に影響をうけて、高校生がおじいちゃんを殺したという事件がありました。」で始まる文章が大量に表示される事態が発生し、それが一週間以上続きました。

(*1) 僕はときどき「筒井康隆」を含むツイートを検索して「ロチャニをベラルゴする筒井康隆の作品は何だったっけ?」などという疑問を見つけると、横から「それは発明後のパターンではありませんか」なんて口出しをする、どちらかといえばお節介なツツイストをやっております。

 それは、主に以下のようなツイートでした。

"昔、筒井康隆の作品に影響をうけて、高校生がおじいちゃんを殺したという事件がありました。本人が「筒井作品に影響をうけて」と、はっきり言っちゃったんですよ。 あの時の筒井康隆は偉かったよね。 「文学とはそういうものだ」ってはっきりと言い切ったんです。" ... <URL>

 ツイートの末尾に書かれたURLに飛んでみると、岡田斗司夫の『遺言』からの引用文がただ掲載されているだけのブログ記事(*2)が現れました。

 さっそく『遺言』を取り寄せて読んでみると、確かに引用文と同じ文章がありました。

 昔、筒井康隆の作品に影響をうけて、高校生がおじいちゃんを殺したという事件がありました。本人が「筒井作品に影響をうけて」と、はっきり言っちゃったんですよ。
 あの時の筒井康隆は偉かったよね。
「文学とはそういうものだ」ってはっきりと言い切ったんです。
 文学というのは人の心を立派にするようなものではなくて、人の心を下品にしたり、殺人者を生んだりする毒である。毒であるからこそ素晴らしいのだ。この世の中にはない「毒」がつくれるからこその文学である。
 だから俺は「俺の作品で人殺しが出た」ということを誇りにはしないが、隠そうとも思わない。

〔岡田斗司夫『遺言』(第3章)より〕

(*2) 改めて検索してみると、上記と同じ範囲を『遺言』から引用しているブログ記事がいくつもあることが分かりました。僕は今まで知らなかったのですが、ブログ記事を(Twitterのリツイートのように)「リブログ」できるTumblrというブログサービスを使っているために、全く同じ内容の記事が複数存在しているようです。

 いかにも筒井康隆が言いそうな言葉のようにも見えますが、僕には何かが違うぞという感覚がありました。

 まず、岡田さんが書いていることには事実誤認があります。これについては、iPASTISTさんのブログ「青春を取り戻せ」の「岡田斗司夫は「世田谷の祖母殺し事件」を誤解している説」に詳しく書かれているので、そちらを御覧ください。

 ここで、上記の引用文を「はっきりと言い切ったんです」までの前半と「文学というのは人の心を」以降の後半に分けることにします。Twitterの文字数制限のために前半だけを含むツイートが多かったこともその理由の一つですが、後半は岡田さんが筒井さんの発言内容を引用しているのか、岡田さん自身の考えを述べているのかが、上記の引用範囲を読んだ限りでは明確に区別できないからでもあります。

 後半が岡田さん自身の考えでないことは、その続きを読めば分かります。

 筒井さんの言葉は、文学者として立派な覚悟です。
 文学者とは、夜中一人で原稿用紙と対話して自分の作品を産み出すことだけに関わり切れる人です。
 でも、アニメを作る人間は文学者じゃありません。作家でもないし、芸術家でもない。
 さっきも言ったように、百人以上のスタッフと関わり合いながら仕事をする人間であり、日常として見せる作品を作っている人なのです。アニメーションの現場で共同作業している人間は、そういう芸術性を保っていられる領域なのかなぁといまだに疑問なんですよ。

〔同上〕

 ここまで読めば、岡田さんの言わんとするところは、だいたい理解できるかと思います。さらに、この続きを読めば、もっとはっきりするでしょう。

 芸術がやりたいなら、別のフィールドがあるはずです。
 アニメは、アニメファンの人たちが、お金を払ってアニメを見てくれたり、もしくはTVでスポンサーがお金を出してくれて無料で放映してくれたりという仕組みのなかで、アニメが好きだという気持ちに寄り掛かって作っているエンターティメントです。
 そういうエンターティメントの中では、最低限の倫理が守られているべきだと思います。

〔同上〕

 どうでしょうか。最初に紹介したツイートやブログで引用された範囲を読んだときとは、ずいぶん違った印象になるのではないでしょうか。

 僕には、岡田さんの『遺言』を読んでブログに引用した人や、そのブログ記事を読んでリブログした人や、それを読んでツイートした人や、それを読んでリツイートした人が何を言いたかったのかまでは分かりません。しかし、その引用文が流布した様子を見る限りでは、岡田さんの意図とはかなり異なる意図が働いていたように思えます。

 さて、筒井さんが本当にそんなことを言ったのかという疑問が残ってしまいましたが、それはまた別の機会に書くことにします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 「“賞”をあげたい」などというのは烏滸がましい限りなので、思い出の一冊ということで…。

 二十年余り前のことになりますが、ひょんなことが縁となって浜松町に本社のある電算写植の会社(G社)に中途採用でもぐりこんだ僕が、最初に関わったのが、この『歌語(うたことば)例歌事典』という本でした。

 電算写植というのは、写真植字を電算化したもので、いわゆる“活字を組む”作業を、実際の鉛の活字を使わずに、分かりやすく言えばコンピュータを使って文字を組んで、レーザープリンタを使って印画紙に焼き付けるプロセスです(実際の印刷には、この印画紙から製版したものを原版として使うことになります)。
 電算写植機という大きな機械があって、これは専用のコンピュータで扱いにくいということで、その会社ではパソコンで作成・編集したものを8インチのフロッピーディスクを介して専用機に流すシステムを自社開発して使っていました。当時、実務レベルのパソコンがやっと出始めた頃で、NECのPC9801シリーズを使っていました。

 この事典は、万葉集から現代短歌にいたるまでの代表的な短歌約一万三千首を約三千の歌語別に分類して配列するというものです。歳時記の短歌版だと言えば分かりやすいでしょうか。歌語ごとに解説があり、その後に例歌が年代順に並びます。そして巻末には各種の索引が付いています。これを従来の手作業で編集すると大変な労力が必要になることは想像していただけると思います。

 そんなわけで、この厄介な仕事がパソコンを導入してデータ処理を得意としていたG社に回ってきたのだと思います。しかし、頁数の多い事典を頁組みしていくという作業は、パソコンを使っても容易なことではありませんでした。何しろ量が半端ではなかったですから、やってもやっても終わらないという日々が半年ほど続きました。

 最近、昔話のパロディをやっているうちに、どうしてもここに和歌のパロディを入れねばならないという無茶な考えに取り憑かれてしまって、「あのとき記念に一冊もらっておけばよかった」なんていう不埒な思い出し方をしたばかりです。検索したら、オンライン古書店で入手できるようでしたが、パロディの方は思い出の一冊は使わずにすませてしまったので、購入するかどうかで今迷っているところです。

 さて、どうしましょう/迷ってないでこの機会にさっさと買いましょう/いくら何でもこんな取り上げ方は失礼でしょう/これを三十一文字にできなかったことが残念でしょう。

コネタマ参加中: 今まで読んだ本の中で“賞”をあげたい一冊は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昔、そういうメッセージ付きでチョコレートをばらまいていた大馬鹿者がいました。

 たぶん、1985年だったと思います。もちろん、グリコ・森永事件のパクリですね。

コネタマ参加中: バレンタイン、チョコはこうあげたい!もらいたい!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 試験会場で一浪の先輩と会いました。その日はたしか雪が積もっていたので、お互いに相手を滑らせようとして追いかけ回したりなどしたという、ほのぼのとした思い出があります。

 受験生の皆さん、試験当日は軽い運動などをしてリラックスするのもよいですよ。

コネタマ参加中: 入学試験の思い出は?

 あれっ? 雪が積もったのは二回目だったっけ…。だとすると先輩は三回目ということになるな…。リラックスしすぎると、こういう結果になる場合もあります。お気を付けください。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 別に冬限定の曲ではないと思いますが、この曲を聴くと、僕はどうしても冬の空を思い浮かべてしまいます。どこまでも青く透き通っている空。そのまま宇宙につながっている空です。

 悲しいことに、28年前のあの事件のことを、どうしても思い出してしまいます。特に熱烈なファンだったわけでもない僕がこんなことを書くのも烏滸がましい限りですが……。

コネタマ参加中: この曲を聴くと冬を実感。お気に入りの「ウィンターソング」は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 きな粉を御飯にかける。一粒一粒がきな粉餅状態になって、これがうまい。子供の頃の話だが、今でも3杯は軽くいけると思う。

 ついでにもう一つ。きな粉×バターはピーナッツバター風になる。これでトースト×6枚いけるぞ。

コネタマ参加中: これさえあれば、ごはん3杯!

| コメント(0) | トラックバック(0)

 かれこれ20年ほど昔の話です。当時勤めていた会社の仲間たちと一緒に五色沼というところに行きました。(元G*R*Eのみなさん、お元気ですかー?)

 その名の通り、沼ごとに水の色が微妙に違っているんですね。その水面と紅葉した木々が織り成す色合いがなんとも言えず、夢か幻を見ているような気がしました。

 そのとき撮った写真は、今もどこかにしまってある筈ですが、たぶん記憶の方が鮮明だろうと思います。もう一度、生の景色を見てみたいものです。

コネタマ参加中: こっそり教えて!「穴場の紅葉スポット」

| コメント(0) | トラックバック(0)

 もう時効だから書くけど、実は僕が猿だった頃の話だ。

 そのころ僕は、親父のカメラ(一眼レフ)をずっと借りたままにしていた。サークルの飲み会なんかに持っていって、スナップ写真を撮りまくったりしていた。

 ある日、レンズにカビが生えてるのを発見。これはヤバイぞ。

 レンズクリーナーで拭いてみたが、なかなかきれいにならない。カビはレンズの内側にこびりついてるようだ。そこで、マイクロドライバーを買ってきて、慎重にレンズの分解に取りかかった。

 どうにか一番外側の部品を取り外すことができた。さあ、これでレンズを引っ張り出せるぞと思ったとき、どこからともなく小さな玉が次々に現われて、レンズの奥の方へと流れていった。

 何じゃこりゃー? ベアリングが入っとったんかーっ!

 うぎゃあああああああっ
。。。。。 。  。   。    。     。      。       。        。         。          。

コネタマ参加中: 内緒で買ったもの

| コメント(0) | トラックバック(0)

 やつらの侵略が始まってから、もう30年になるという。
 やつらを攻撃しているつもりで実は増殖に荷担していた愚か者がいる。
 私もその愚か者の一人だ。
 我々の愚かな行為で、世界は完全に征服されてしまった。
 こんな愚行は、もう二度とやってはならない。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 どこへ行って何をしようかな。

 東京タワーのきんじょに行って、怪獣を出してもらおう。これは、ていばんだよね。でも、いくらもうそうでもパクリとかけんぞう物はかいなんかをやっちゃいけないか。

 じゃあ、まずタイムマシンを出してもらって、作りかけの東京タワーを見に行こう。一どでいいから、じつ物ができあがるまでのようすを365ばいそくで見てみたい。

 やっぱり、見てるだけじゃつまんないかなあ。工じのお手つだいなんかさせてもらって、あとでみんなに、あれはぼくが作ったんだぞ、えっへん。なんて自まんしてやろう。

 それから、東京タワーのきんじょにある世かいぼうえきセンタービルの工じも手つだっちゃおう。どんなキングギドラにこうげきされてもへっちゃらなように超合金のてっきんにしてもらおう。ついでにアメリカにも行って、水ばくでもこわれれないぐらい、うんと強くしてあげよう。

 これでもう、あんしんだよね、はれぶた。

 「プイプイ」

コネタマ参加中: 一緒にデートしたいアニメキャラは??

| コメント(0) | トラックバック(0)

地球時間

ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

Stats Counter

  • 13343

Powered by Visitor Stats

このページについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち過去/歴史カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは読書/鑑賞です。

次のカテゴリは門外漢です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

最近のコメント

広告

ビジネス手帳のダイゴー

※縦開きの手帳、アポイントダイアリー(E1006)はここで注文!
(ネームも入れられますよ)

地球暦

<   2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261