2010年12月アーカイブ

 きょうは「まんがうりのしょうじょ」というおはなしをべんきょうします。では、かずしげさん、よんでください。

 寒い寒い大晦日の夜のことです。一人の少女が街角でマンガを売っていました。

 はい。よくよめましたね。かんじとかかたかなのところも、ちゃんとよめたのはえらいです。みなさんも、かずしげさんのように、しっかりよしゅうしてくださいね。

 いきなり、むずかしいことばがたくさんでてきました。「おおみそか」というのはいちねんのいちばんおわりのいちにちのことです。「しょうじょ」というのは、えっちとかへんたいとかいうことをしたりされたりてはいけないひとのことです。「えっち」とか「へんたい」とかいうことばは、このまえべんきょうしましたから、みなさんおぼえていますよね。そうです。みなさんがしてはいけないし、かんがえたりしてもいけないことです。むかしはそういういけないことをかいたほんがたくさんありました。そうです「まんが」ですね。だから、このしょうじょはいけないものをうっているいけないひとなのです。

 では、かずしげさん、つづきをよんでください。

| コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

<   2010年12月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter

Powered by Movable Type 4.261

このページについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

最近のブログ記事

最近のコメント