時をけしかける症状

放映前のシナリオ(想像)

老作家: えっ、じゃあ「犬をけしかける少女」は? 映画にもなったんだけど…。

土曜日の原作者(偽文士日碌

原作者: 〔…〕何しろ七瀬のお手伝いに行った先が作家の家で、この作家先生がぼろくそに書かれていた。「犬をけしかける少女」というのを書いて没になるなど、ひどいものだ。「先生のことではありません」と抗弁してきたものの、作家の権威を守るのは長老の義務である。撮り直しと決ったものの、どうしていいかわからなくなったらしいので「作家」を「脚本家」にすればいいと入れ知恵して、〔…〕

突如、時の彼方から立ち現れた大津波が放送前のシナリオに襲いかかる。

放映前のシナリオ(回想)

老作家: えっ、じゃあ「犬をけしかける少女」は? 映画にもなっ、何だこれは。ぐわああああ。ごぼごぼごぼ。

火曜日の深夜枠(関東)

脚本家:  えっ、じゃあ「犬をけしかける少女」は? 映画にもなったんだけど…。

ある視聴者(ツツイスト)

視聴者: なっ、何だこれは。今回のは見なかったことにしよう。

突如、時の彼方から立ち現れた大津波が放送中のドラマに襲いかかる。

火曜日の深夜枠(回想)

脚本家: えっ、じゃあ「犬をけしかける少女」は? 映画にもなっ、何だこれは。ぐわわわわわわっ。ごぼごぼごぼ。

執筆中の脚本家(回想)

脚本家: なっ、何だこれは。ぐわわわわわわっ。ごぼごぼごぼ。

ある視聴者(回想)

視聴者: なっ、何だこれは。ぐわわわわわわっ。ごぼごぼごぼ。

土曜日の原作者(回想)

原作者: なっ、何だこれは。ぐわわわわわわっ。ごぼごぼごぼ。

土曜日の理科実験室

和子: わ……わからないわ。何がなんだか……。

一夫: なあに、理屈なんかわからなくたっていいさ。

| コメント(0) | トラックバック(0)
WebMoney ぷちカンパ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1055

コメントする

カレンダー

<   2012年3月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

Powered by Movable Type 4.261

このページについて

このページは、かみ かずしげが2012年3月11日 20:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サギの恩返し」です。

次のブログ記事は「世にも奇妙な暴言おばはん」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。