カテゴリ「美術」の記事 (1)

 唐突にヘルシング教授がオランダ語で話し始めた。
 「ところで、あなたは日本に行ったことがありますか?」
 ジョナサン(スウィフトの方)が驚いて教授を見ると、「あると答えろ」と顔に書いてあった。そこで、オランダ語で答えた。
 「もちろん、ありますとも」
 以下、教授とジョナサン(スウィフトの方)は、オランダ語で会話を続ける。
 「そうですか。あなたは、日本へ行きましたか。私はまだ行ったことがないのです。あなたは日本のどこへ行きましたか?」
 「まず、エドです。それから、ナンガサクというところに行きました」
 「そうですか…」
 ヘルシング教授は、ここで一冊の本を取り出して、ジョナサン(スウィフトの方)に渡した。
 「ナンガサクにはオランダ人がいましたか?」
 その本には鉛筆が挿んであり、ページの余白には“あの絵の中のトカゲが怪しい。絶対に、絵の方を見るな”と英語で書いてあった。以下、オランダ語の会話と英語の筆談が同時に進行する。
 「いましたよ。デジマというところに」“それは一体どういう意味ですか?”
 「デジマとはどんなところですか?」“絵の中のトカゲが、絵の外にいる蜘蛛を食った”
 「人工的な島で、建物がぎっしり並んでました」“食った?”
 「ほほう、面白い島ですね」“間違いない。あのトカゲはドラキュラ伯爵だ”
 オランダ語の会話は、このあたりから次第にでたらめになっていく。
 「まるで軍艦のように見えるので、地元の人はグンカンジマと呼んでいました」“なぜ、そう言えるんですか?”
 「そこでオランダ人は何をしていましたか?」“この絵の作者はエッシャーというオランダ人だ”
 「オランダ人は商売をやっていました。平気で踏絵を踏みながらね」“オランダ人?”
 「オランダ人が全部そうだとは限らないでしょう」“そうだ。そして、この本には、伯爵の影響を受けて蝿や蜘蛛を食う患者の話も出てくる”
 「あなたのように、ですか?」“それとオランダ人がどうつながるんですか?”
 「そうです。私は医者であるけれども、信仰を捨ててはいない」“ドラキュラ伯爵の体にはオランダ人の血も流れているに違いない”
 「しかし、踏絵を踏んでも平気な人がいるなんて…」“まあ、オランダ人の血を吸ったとすればですがね。しかし、そうだと仮定すると?”
 「まったく考えるだけで恐ろしいことですな」“つまり、十字架なんかでは封印できない!”
 「その後の戦争で、空から降ってきたピカドンにやられて、グンカンヤマは海に沈みました」“ああ、何てことだ!”
 「ピカドンとは?」“だから、この絵の中のトカゲを何とかしなくてはならん”
 「核兵器です。放射能でナンガサクはめちゃめちゃになりました」“丸ごと燃やしてしまいましょう”
 「それはひどい話だ」“君は、このような芸術作品を燃やせると思うのか?”
 「戦争が終わって、グンカンヤマトは海から引き上げられました」“では、絵の中からトカゲを引きずり出して始末すればいい”
 「それから?」“あんた、一休さんか?”
 「宇宙へ飛んで行って、放射能除去装置をもらってきました」“そうだ。真空にすればいいんだ!”
 「それはどんな機械だね?」“それは今や信仰とは無関係だな。しかし真空をどうやって作る?”
 「詳しくは分かりませんが、一種のクリーナーでしょう」“掃除機と布団圧縮袋があれば簡単に作れますよ”
 「そのために、よその星まで行くとはね…」“しかし、どうやって手に入れるんだ?”
 「古き良きSF漫画ですからね」“通販ですよ、通販!”
 「そういえば、今度実写化されるとか聞きましたが」“ここにはテレビもネットもないのに、どうやって?”
 「まったく、でたらめな話ですね」“こっちでは無理ですが、あっちの世界なら何でもあるでしょう”
 「あの主役はひどいもんです」“しかし、あっちの世界に誰が行けるというんだ?”
 「あの役ができるのは…」“ハンプティ・ダンプティですよ”
 「私には考えもつかんな」“それだ!”
 「やっぱり、僕にも想像できませんね」“さっそく行かせましょう”
 教授とジョナサン(スウィフトの方)は、鏡のある部屋から出て行った。壁にかかった絵の中のトカゲは、まだ何も気付いていないようだ。

| コメント(0) | トラックバック(1)

カレンダー

<   2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter

Powered by Movable Type 4.261

このページについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち、カテゴリ「美術」に属しているものが含まれています。

前のカテゴリは童謡です。

次のカテゴリは落語です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

最近のブログ記事

最近のコメント