カテゴリ「パズル」の記事 (10)

 気が付けばとっくに今日は終わって昨日のこととなってしまい、これを書いているのは実は明日だったという話だ。

 どこか裏の方から戻って来た店主は、床に散らばった本には目もくれず、五連休だシルバーウイークだとかいってもそんなに休んでばかりはいられない。たまっている仕事を片付けなくてはと、パソコンの電源を入れブラウザを開いた。「今、お気に入りの音楽教えて!」とか「お彼岸スペシャル。あなたの、一番好きな“おはぎ”の種類は?」とかいうネタが並んでいるのを見たが、どうも気乗りしない様子でブラウザを閉じ、DOSプロンプトを開いた。

| コメント(4) | トラックバック(0)

 酒場の店主が、本棚の奥から何やらカラフルな立方体(以下、「ルービックキューブ」と書く)を取り出した。
 「このところ、残念な物語が考えられなくなるという原因不明の症状が続いているので、今回は、このルービックキューブの話でもしてみようかと思います」
 前から少しおかしなところがあるとは思っていたが、いよいよ残念な兆候があらわれてきたようた。誰もいない店内で、店主は以下のような話を口走った。

| コメント(2) | トラックバック(1)

 ――現実の仕事から戻るなり、店主はルービックキューブをパッケージから取り出していじり始めた。どこかに寄り道して買って来たのだろう。誰もいない店内で、店主は何やら独り言をぶつぶつとつぶやいている。

| コメント(1) | トラックバック(0)

 ――店主は今日もまた、独り言を続けている。

 いくら何でも「21(R-Y)+21(-R+Y)」を偶然見つけるなんて、確率的にはほとんど有り得ないだろうと思いました。僕は一体どうやってこの手順にたどりついたんだろうか…。そう考えてみても、ちっとも思い出せませんでした。

 しかし、「2個のコーナーキューブの向きを変える84ステップの手順」を知っていることは間違いないし、現物を使ってやってみると確かにコーナーキューブの向きが変わりました。だいたい、この「21回繰り返し」という手順はどこから出てきたのか?

| コメント(3) | トラックバック(0)

 ――このところルービックキューブにのめり込んでいる店主は、今日もまた一人でつぶやいている。

 展開図を回転して「r3」が「r1」に変化するなんていうのは、どうもピンとこないよな。それに「r3」が「y1」や「w9」と頂点を共有しているというのをいちいち展開図で確認しなくてはならないのも面倒くさいし、この番号の付け方が面の向きによってバラバラになってしまうも気に入らない。このままで、キューブの動きをシミュレートするプログラムを作ろうとすると、どの面とどの面がつながっているのかを書かなきゃならないだろう。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ――ひねりが足りんな。

 すると、店主がこちらを向いてこう言った。
 「ひねりだって…? そうそう、キューブの向きのことをまだ考えてなかったな」

 ――ここに書いたことがそのまま聞こえているのか? 一体どうなっているんだ?

 「今さら何を言ってるんだ。そんなところに突っ立ってないで、あんたも少し手伝ってくれよ」

| コメント(2) | トラックバック(0)

 ――ここまで出来たら、展開図を表示するのは簡単に追加できる。とは言っても、けっこう面倒臭い作業になるから後回しにして…。その前に、小キューブの“ひねり”をもっとスマートに算出する方法を考えてみようかと思うんだけど。

 「じゃ、展開図の部分は、僕がやっとくよ。この表示データから変換するだけでいいんだろ」
 そう言って、店主は前回の囲み部分をコピーしようとした。

 ――ちょっと待った。向きのデータを追加するから、こっちの方を使ってくれよ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ――その次の夜、語り姫は話の続きを語った。

 おお、幸多き王様、第一の鼠はこのように語ったのです。

 ある研究施設の実験で鼠に移植された私の脳は、来る日も来る日も繰り返される迷路の実験に飽き飽きしていました。(こんな単純な迷路なんて、ちっとも面白くない)と、私は思いました。すると、私の脳の中で、こんな声が聞こえました。
 (ねずみさん、ねずみさん)
 それは、私が迷路の中で餌の在りかを捜していると、ときどき私の脳に直接聞こえてくる声でした。
 (わたしがもっと楽しいところに連れて行ってあげるわ)
 (本当に?)
 (本当よ)
 その声の主は、頭の中で私のいる迷路の壁に穴を開け始めました。すると、現実の迷路の壁に穴が開きました。
 (一体どうなっているんだ、この世界は……)
 私は吃驚仰天して、気を失ってしまいました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ――店の奥で仮眠していた店主が、突然飛び起きて叫んだ。

 「そうか、キューブの中に入って考えればよかったんだ!」

 ――いったい、どうしたんだ?

 「どうもこうも、キューブの中に鼠が入ってマッピングしてるんだよ!」

 ――何を言ってるんだ、夢でも見たのか?

 「夢? そうか、今のは夢だったのか…。夢中で考えていたから夢の中でも考え続けてたんだな。うん、これは論理的だ。ちゃんと筋が通っているぞ」

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ――店主がフリーズしている間に、僕はもう一度考えてみた。小体(小キューブ)の向きの変化が回転によって生じることは間違いない。しかし、その状態をX・Y・Zの各軸での回転数(以下、右回りの90度を“1ひねり”と書くことにする)だけで表現することは無理なようだ。
 例えば、(i, j, k)=(1, 1, 0)は、X軸で1ひねり、Y軸で1ひねりしたことを表わしてはいるけれども、その結果、小体の向きがどうなるかが特定できないのだ。X軸とY軸のどちらで先にひねるかによって向きが異なってしまうからだ。これは、個別の小体の“主観的”な座標で考えても全体の“客観的”な座標で考えても同じことだ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

<   2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter

Powered by Movable Type 4.261

このページについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち、カテゴリ「パズル」に属しているものが含まれています。

前のカテゴリはネット小説です。

次のカテゴリはミステリです。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

最近のコメント