Google日本語入力で交ぜ書き変換する方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

交ぜ書き変換とは

 漢直を使っていると、打てる漢字と打てない漢字の組み合わせ(熟語や連語など)を入力する場合にちょっとしたストレスを感じることがあります。全部打てない漢字だったら割り切って変換できますが、打てない漢字のために打てる漢字まで「よみ」を打ってから変換するのは釈然としないわけです。交ぜ書き変換とは、そんなときに使う機能です。

 例えば、「変」という漢字の打ち方を知っていて、「異」「換」「無」の打ち方を知らない場合なら、ユーザー辞書に次のように登録して、漢字仮名交じりの「よみ」を打って変換できるようにできればいいのです。

(表1)ユーザー辞書(「よみ」の中に漢字を入れてみる)

よみ単語品詞
い変異変名詞
変かん変換名詞サ変
む変かん無変換名詞

 ところが、Google日本語入力の辞書ツールでは「よみ」の中に漢字を入れることができません。そんなわけで、つい最近まで仕方がないとあきらめていたのですが、ふと思いついてあれこれ試してみて、うまくいく方法があることが分かりました。

漢字がNGでも英数記号はOK

 以下、「変」のストロークは「ab」と設定しているものとします。

(表2)ユーザー辞書(「よみ」の中の漢字をストロークの英字にしてみる)

よみ単語品詞
いab異変名詞
abかん変換名詞サ変
むabかん無変換名詞

 ユーザー辞書には無事に登録できましたが、実際に入力してみると期待したようには変換できません。「ab」を打った瞬間に「変」になってしまって「よみ」の中に「ab」を入れることができないのです。

漢字の最終打鍵をシフトする

 交ぜ書き変換のときだけ、漢字の最後のストロークをシフトすることにします。つまり、「aB」と打てば「変」にはならずに英字のまま「よみ」として使えるようにするわけです。

 そのためには、まず「プロパティ」→「入力補助」の「シフトキーでの入力切替」をオフにします。これは、シフト打鍵をしたときに、ひらがなモードから英数モードに切り替わるのを防ぐためです。

 次に、ローマ字テーブルに大文字と小文字を混ぜたダミーのストロークを追加します。これは、「シフトキーでの入力切替」をオフにすると大文字・小文字の違いが無視されてしまうので、それを防ぐためです。

(表3)ローマ字テーブル(大文字と小文字を混ぜたダミーを追加する)

入力出力
ab
XxYyZzXxYyZz

 最後に、ユーザー辞書の「よみ」の「ab」を「aB」に変更します。

(表4)ユーザー辞書(「よみ」の中のストロークの末尾をシフトしてみる)

よみ単語品詞
いaB異変名詞
aBかん変換名詞サ変
むaBかん無変換名詞

 これで、交ぜ書き変換が(一応)できるようになりました。漢字の最終打鍵をシフトするのは少し面倒ですが、打てる漢字を「よみ」に開いて打つよりは気分がいいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1077

コメントする

カレンダー

<   2015年5月   >
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のツイート

このページについて

このページは、m(as)mが2015年5月10日 14:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Truly Custom Layout Designerを使ってみた」です。

次のブログ記事は「漢直が仮名入力よりも速いという幻想」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261