1996年5月アーカイブ

(1996-05-17)

こんなキーボードはいかがでしょうか?

 これは、以前、ニフティーサーブの「NICOLA・キーボードフォーラム(FKBOARD)」に書いたキーボードの配置図に修正を加えたものです。

 元は、親指シフトの仮名配列(NICOLA)を狭い面積に詰め込むためのアイディアだったのですが、英語キーボードとしても通用するのではないかと思い、図の中から日本語を消してみました。

(質問)

 下図のような物理配置のキーボードがあったとします。さて、あなたはそれぞれのキーをどの指で打ちますか?(指使いを想像して答えて下さい)

+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+ 
|    |F1  |F2  |F3  |F4  |F5  |F6  |F7  |F8  |F9  |F10 |F11 |F12 |    | 
|    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    |    | 
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+ 
|+   |!   |@   |#   |$   |%   |  Esc    |^   |&   |*   |(   |)   |_   | 
|=   |1   |2   |3   |4   |5   |         |6   |7   |8   |9   |0   |-   | 
+----+----+----+----+----+----+---------+----+----+----+----+----+----+ 
|Tab |    |    |    |    |    |  Ctrl   |    |    |    |    |    ||   | 
|    |Q   |W   |E   |R   |T   |         |Y   |U   |I   |O   |P   |\   | 
+----+----+----+----+----+----+---------+----+----+----+----+----+----+ 
|~   |    |    |    |    |    |  Shift  |    |    |    |    |:   |"   | 
|`   |A   |S   |D   |F   |G   |         |H   |J   |K   |L   |;   |'   | 
+----+----+----+----+----+----+---------+----+----+----+----+----+----+ 
|{   |    |    |    |    |    |  Alt    |    |    |<   |>   |?   |}   | 
|[   |Z   |X   |C   |V   |B   |         |N   |M   |,   |.   |/   |]   | 
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+ 
|    |    |    |Page|    |  Back   |  Space  |    | Up |    |    |    | 
|    |    |    |Up  |    |  Space  |         |    |    |    |    |    | 
+----+----+----+----+----+---------+---------+----+----+----+----+----+ 
|Caps|    |Home|Page|End | Delete  |  Enter  | <- |Down| -> |    |Ins | 
|Lock|    |    |Down|    |         |         |    |    |    |    |    | 
+----+----+----+----+----+---------+---------+----+----+----+----+----+ 

* 固定ピッチフォントでも表示が崩れる場合は、サイズを変更してみて下さい。

(例1)

+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+ 
|    | 左 | 左 | 左 | 左 | 左 | 左 | 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 右 |    | 
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+ 
| 左 | 左 | 左 | 左 | 左 | 左 | 左 / 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 
+----+----+----+----+----+----+---------+----+----+----+----+----+----+ 
| 左 | 左 | 左 | 左 | 左 | 左 | 左 / 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 
+----+----+----+----+----+----+---------+----+----+----+----+----+----+ 
| 左 | 左 | 左 | 左 | 左 | 左 | 左 / 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 
+----+----+----+----+----+----+---------+----+----+----+----+----+----+ 
| 左 | 左 | 左 | 左 | 左 | 左 | 左 / 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 右 | 
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+ 
|    |    |    | 左 |    |   左    |    右   |    | 右 |    |    |    | 
+----+----+----+----+----+---------+---------+----+----+----+----+----+ 
| 左 |    | 左 | 左 | 左 |   左    |    右   | 右 | 右 | 右 |    | 右 | 
+----+----+----+----+----+---------+---------+----+----+----+----+----+ 

 この場合、何指で打つかは特に気にしないわけです。両手を使っても左右の使い分けで悩むことはないでしょう。

 また、「Ctrl」や「Shift」などを使うパターンでも、人差し指だけで楽に打てるので、初心者でも戸惑うことは少ないと思います。

(例2)

+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+ 
|    | 小 | 薬 | 中 | 人 | 人 | 人 | 人 | 人 | 人 | 中 | 薬 | 小 |    | 
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+ 
| 小 | 小 | 薬 | 中 | 人 | 人 | 人   人 | 人 | 人 | 中 | 薬 | 小 | 小 | 
+----+----+----+----+----+----+---------+----+----+----+----+----+----+ 
| 小 | 小 | 薬 | 中 | 人 | 人 | 人   人 | 人 | 人 | 中 | 薬 | 小 | 小 | 
+----+----+----+----+----+----+---------+----+----+----+----+----+----+ 
| 小 | 小 | 薬 | 中 | 人 | 人 | 人   人 | 人 | 人 | 中 | 薬 | 小 | 小 | 
+----+----+----+----+----+----+---------+----+----+----+----+----+----+ 
| 小 | 小 | 薬 | 中 | 人 | 人 | 人   人 | 人 | 人 | 中 | 薬 | 小 | 小 | 
+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+ 
|    |    |    | 中 |    |   親    |    親   |    | 中 |    |    |    | 
+----+----+----+----+----+---------+---------+----+----+----+----+----+ 
| 小 |    | 薬 | 中 | 人 |   親    |    親   | 人 | 中 | 薬 |    | 小 | 
+----+----+----+----+----+---------+---------+----+----+----+----+----+ 

 左右の別は省略しました。中指で打つキーが上から下まで一直線に並んでいるところに注目してください。中指を軸にして手を上下にスライドさせることにより、最下段のカーソルキーなどもブラインドで確実に操作できる筈です。

カレンダー

<   1996年5月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のツイート

最近のブログ記事

最近のコメント

このページについて

このページには、1996年5月に書かれたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブは1996年4月です。

次のアーカイブは1996年8月です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261