1999年2月アーカイブ

(1999-02-21~1999-02-27)

2月21日(155日め)

 錬金術師の実験室に、テンキー漢直を書いた。

 片手で漢直するにはこうすればよいという内容で、片手でG-Codeが打てるという話ではない。そのうちまた、人体実験をする事になるだろう。やれやれ。

 「」 (130+10=140)

2月22日(156日め)

 マニアックな話にも飽きてきたので、適当なことを書く。

 朝、テレビを見ていたら、ポンキッキーズでいろんな国の人がニワトリと猫の鳴きまねをしていた。ニワトリは様々だが、猫はほとんど「ミャーオ」か「ミャーウ」だ。「ニャー」系がないのはなぜだろう。

 「」 (140+6=146)

2月23日(157日め)

 「発明的」って何だ? よくわからないが、中途半端な言葉だな。

 「」 (146+6=152)

2月24日(158日め)

 久しぶりの雨。それにしてもやけに寒いなと思っていたら、エアコンが冷房に切り替わっていた。

 「」 (152+6=158)

2月25日(159日め)

 今度は強い風が吹きまくっている。春一番なのか。

 「」 (158+4=162)

2月26日(160日め)

 テレビで「カリオストロの城」を見てなつかしくなり、つい「テレビまんが20年のたくらみ」を聞き始めてしまった。もう18年も前のことになるのか…。いや、17年前だったか。

 「」 (162+5=167)

2月27日(161日め)

 プロフィールを修正。自分の年齢も分からなくなってしまったか。

 「」 (167+1=168)


[ 日記の目次 | 前の回 | 次の回 | G-Code (目次) | m(as)m's home position ]

(1999-02-21)

テンキーで漢直は可能か?

 テンキーを使った日本語入力はいくつか公表されていますが、テンキーで漢直するという話は、まだ聞いたことがありません(もしもあったらご免なさい)。テンキーで漢直するのは無理なことなのでしょうか?

 もちろん、漢字をテンキーで入力するだけなら区点コード入力でもできることですし、100字程度の漢字ならテンキーの2打鍵で入力できるでしょう。しかし、実用性を考えると、

  • 1文字を3打鍵以下で入力できなくてはならない
  • 1000文字程度の漢字を直接入力できなくてはならない

という条件を満たした方がよさそうです。そして、

  • 普通のテンキーには文字入力に使えるキーは15個しかない

という条件が加わります。

 以上の条件をクリアできれば、実用的なテンキー漢直を作ることが(論理的には)可能な筈です。

 ざっと計算してみただけですが、15個のキーを全部2ストローク入力に使うと少なすぎ(15×15=225)、全部3ストローク入力に使うと充分すぎる(15×15×15=3375)ので、2ストロークと3ストロークをバランスよく混ぜれば、実用レベルになりそうです。

 そこで「片手G-Code」を考えてみました。ただし、文字の配列をG-Codeと共通にすることは、残念ながらできそうにありません。

仮名の配列

 まず、基本となる仮名の入力方法をできるだけ簡単にすることから始めます。

 五十音を、5段×10行の2ストロークに割り振ると、ちょうど15個のキーに収まります(「ん」は「ナ行×2」、濁音などは「段×2・行」とします)。しかし、仮名漢字変換で入力するには「変換」機能を呼び出すキーが必要です。できれば「後退」機能も欲しいところです。

 そこで、「行」のキーを2個削って「変換」と「後退」に使うことにします。削った2個の「行」は別の「行」と共用して濁音などと同様に3ストロークに逃がすことができます。これで3ストローク文字の領域全体は2197文字(13×13×13)にまで減りましたが、まだ大丈夫でしょう。

 13個のキーを使って、2ストロークに41個の仮名を割り当てると、3ストロークに使える領域は、(13×13-41)×13=1664となります。この中で覚えやすくて打ちやすいパターンに仮名の残り(45文字)と句読点などの記号(16文字)を割り当てます。

    +-------+-------+-------+-------+
    | Num   |/      |*  ※  |-      |
    | Lock  |-------|-------|  後退 |
    |       |ナ/ラ行|  ヤ行 |       |
    +-------+-------+-------+-------+
    |7  「  |8  …  |9  」  |+      |
    |-------|-------|-------|       |
    |  う段 |  い段 |  サ行 |       |
    +-------+-------+-------+  変換 |
    |4  (  |5(空白)|6  )  |       |
    |-------|-------|-------|       |
    |  あ段 |  ア行 |  カ行 |       |
    +-------+-------+-------+-------+
    |1  “  |2  ~  |3  ”  |Enter  |
    |-------|-------|-------|       |
    |  お段 |  え段 |  タ行 |       |
    +-------+-------+-------+  確定 |
    |0(システム予約)|.  々  |       |
    |---------------|-------|       |
    |     マ/ワ行   |  ハ行 |       |
    +---------------+-------+-------+
    * 固定ピッチフォントでも表示が崩れる場合は、サイズを変更してみて下さい。
  • 「+」と「-」は仮名漢字変換の「変換」と「後退」に用いる
  • 「段・行」の2打鍵が基本(G-Codeの平仮名と同様)
  • 平仮名と片仮名は区別しない
  • 濁音・ァ行・ャ行は「段×2・行」の3打鍵
  • ラ行とワ行は、ナ行とマ行の濁音扱い
  • 半濁音は「行×2・段」の3打鍵
  • 「っ・ゎ・ヴ・ヵ・ヶ」は半濁音扱い
    • 「っ」は「う段×2・タ行」
    • 「ゎ」は「あ段×2・マ/ワ行」
    • 「ヴ」は「う段×2・マ/ワ行」
    • 「ヵ」は「あ段×2・カ行」
    • 「ヶ」は「え段×2・カ行」
  • 「ん」は「ナ/ラ行」の連続2打鍵
  • ヤ行・ャ行・ワ行の空きには句読点などを割り当てる
    • 「、」は「い段・ヤ行」
    • 「。」は「い段×2・ヤ行」
    • 「ー」は「え段・ヤ行」
    • 「・」は「え段×2・ヤ行」
    • 「?」は「う段×2・マ/ワ行」
  • 将来の拡張のため「マ/ワ行」の連続3打鍵は予約
    (「000」キーのあるテンキーを使うと、1打鍵になる)
  • その他の連続3打鍵には、空白や記号などを割り当てる(11文字)
  • 残りの3ストロークの領域に、漢字を割り当てる(1602文字)

 3ストローク漢字をどうやって割り当てるか(それと、どうやって覚えるか)は後で考えることにして、まずは仮名と記号の配列データを作って試してみます。

(続く)


[ 錬金術師の実験室 | キーボード | m(as)m's home position ]

(1999-02-14~1999-02-20)

2月20日(154日め)

 今週は、練習そっちのけで「テンキーで漢直できるか?」なんてことを考えて過ごした。今覚えようとしている「G-Code」とは全く別の配列にしなくてはならないのが困ったところだ。

 「」 (126+4=130)


[ 日記の目次 | 前の回 | 次の回 | G-Code (目次) | m(as)m's home position ]

(1999-02-07~1999-02-13)

2月 7日(141日め)

 風邪気味で頭が痛い。こんな時には早く眠るに限る。

 「」 (96+7=103)

2月 8日(142日め)

 「ニードフル・シングス」を読み終わる。眠れなくなるほどではない邪悪さ(最後は悪に同情を感じるほど)だった。物足りなくて「ダーク・ハーフ」を引っ張り出す。

 「」 (103+8=111)

2月 9日(143日め)

 「松茸」用TUT-Code のミスを修正したついでに、Ver.4.1用に作り変えた。G-Codeでは「」が未定義だったことに気付き、空いているところに割り当てる。

 「」 (111+8=119)

2月13日(147日め)

 Web pageを検索しまくって、久しぶりに全面的なリンクの更新をする。

 「」 (119+7=126)


[ 日記の目次 | 前の回 | 次の回 | G-Code (目次) | m(as)m's home position ]

(1999-01-31~1999-02-06)

2月 3日(137日め)

 日曜日には「Dvorak配列」について調べ、月曜日にはtcode-mlで話題になっている「漢直Win」というソフトを試しに使ってみた。同じ時期に同じようなソフトを作る人がいるものだと感心しながら、G-Code(2ストローク版)のテーブルを作る。

 火曜日には、徳岡さんに「漢直Win」の3ストロークの定義方法を教えてもらい、今日は、3ストローク版のテーブルを作ったり、たまった日記をまとめて書いたりしている。毎日少しずつ無理せず続ける、というのが難しい。

 「調」 (65+22=87)

2月 4日(138日め)

 朝になるともう打てない。一度にたくさん覚えても、一晩経てば忘れるに決まっている。今打てるのは三分の一ぐらい。

 「」 (87+6=93)

2月 6日(140日め)

 スティーブン・キングの「ニードフル・シングス」を読んでいる。第16章まで。

 「」 (93+3=96)


[ 日記の目次 | 前の回 | 次の回 | G-Code (目次) | m(as)m's home position ]

カレンダー

<   1999年2月   >
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最近のツイート

最近のコメント

このページについて

このページには、1999年2月に書かれたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブは1999年1月です。

次のアーカイブは1999年3月です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261