2000年8月アーカイブ

(2000-08-07)

8月 7日

 キートップを逆にひねった子状キーボードのことをあれこれ書いているうちに、「キーボード」のページを全部書き換えてしまった。 (482+1=493)

7月15日

 CGIとJavaScript動作チェック用に「gNavi」を作ってみた。G-Codeのストロークが出るだけの簡単なもの。 (491+1=492)

7月 3日

 「印の宅配のサンプルは要りませんか」という売が来た。つい反射的に断ってしまったが、こういう時期だから新はなかなかいないだろう。もっと話を聞いておけばよかった。 (484+7=491)

6月17日

 速記入力に関する情報を検索していて、テープ起こしに便利な「おこしやす」というソフトを見つけた。Windows上で、エディタで入力しながらWAVファイルの「再生」と「して少しき戻し」がキーで作できる。とにかくこれは便利。 (480+4=484)

6月15日

 「キーボード入力を検する」オフに行って来た。お土にいただいた田先生の論文の中の「速記入力用キーボード」と「同時打ちキーの間工学」を読んで、大び。これなら本当に速記入力できるかもしれないぞと、ますます妄想を深めている。 (474+6=480)

6月12日

 「G-Code」で速記をやってみようと考えているうちに、だんだん想がらんできて、とうとう「漢ナビ2」なんてものに発してしまった。それはそれでいいけれど、ソフトと辞書を一体が作るんだ? (470+4=474)

5月29日

 オムロンソフトウェアから「楽々日本語」というソフトが出るらしい。学習した文字列を先頭の一文字でび出すというもの。「i」で「いつもお世話になっております。」に変換するというい。ワープロ速記などとは違って、タイピングの手な初心者けの機能のようだ。打鍵数をらすのが目標でも、方向はいろいろある。 (463+7=470)

5月17日

 朝、新聞のテレビを見ていて「タイムボカン2000」という文字にび上がる。何だこれは? テレビ東京で水曜夜6時? どうして今まで気付かなかったのか…。とにかくこれは見るしかない。

 あの悪トリオが今度はをやっているじゃありませんか。17年ぶりにシリーズ再開とは。るべし、タツノコプロ。 (458+5=463)

4月22日

 昨日から『東京セブンローズ』(上ひさし・文秋刊・1999)を読んでゐる。

 わざわざワープロを使つて、仮名・舊漢字で書いたのだらうか。それとも最初のあたりは手書きなのか。 (452+6=458)

4月15日

 INPUT METHOD RING というのをみつけて、さっそく参加。とりあえず、それだけ。 (+0)

3月10日

 『文界』4月号に「ワープロ・パソコンVS.原稿用紙」というアンケート結果が載っている。回答者が140人の作家、評論家などに限られているのは残な気もするが、文だから仕方がないか。

 同誌の2月号に載された石川九の文章に対するコメントは、パソコン誌やネット上では(私が目にしている範囲では)まだないようだ。こういうことに興味を持つ人が少ないのだろうか。大事な問題だと思うんだけど。 (437+15=452)

3月 3日

 今度は昭和30年代後半の仕事。漢字は引用文の中だけだから、一置換は使えない。QXエディタ分けすると、「―」と「一」、「二」と「ニ」、「へ」と「ヘ」などが簡単に見分けられる。これにはほんとに重宝してるので、今、URLを調べたついでに送金した。
 メールマガジンの『オババのひとりごと』にHP無料広告った。

	----------------------------------------------------------------

	★http://www.asahi-net.or.jp/~QX5S-MSMR/kanchoku.html
	最近、漢字を入力ミスして困ったことはありませんか?
	思い通りの漢字が自由にタイプできると気持ちいいですよ。
	目から鱗が、肩からは重い甲羅が落ちます。(笑)

	○いろいろな方法があるんですね。でも、指で覚えちゃうと楽なんですよ。
	----------------------------------------------------------------

きちんと内容を見てコメントしてくれているのが有り難い。せっかくだから日記だけでも更新しておく。 (428+9=437)

2月 7日

 この頃、OCRデータの修正をやり始めた。予想していた通り、分的な漢字の直しには漢直が利だ。…とはいっても、原稿後間もない頃の物だから、難しい漢字がぞろぞろ出てくる。覚えてもすぐに忘れるが、これを何度かしているうちに定着する漢字もあるだろうか。 (420+8=428)

1月 4日

 どういうわけか年のれから、12+22+…+n2=n(n+1)(2n+1)/6(nは自然数)が成する理を考えている。まだ納得できる説明ができない。一が1の立方体をn段み上げたピラミッドの体積が、一辺がnの正方形を面とするさがnの四の体積(n3/3)よりも少し大きいだろうと見当はつくけれども、2n+1がどこから出てくるのかがよく分からない。立体で考えちゃいかんのだろうか? (408+12=420)


[ 日記の目次 | 前の回 | 次の回 | G-Code (目次) | m(as)m's home position ]

カレンダー

<   2000年8月   >
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のツイート

最近のブログ記事

最近のコメント

このページについて

このページには、2000年8月に書かれたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブは2000年6月です。

次のアーカイブは2001年4月です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261