こんな設定でTrulyとDvorakJと漢直Winを使っている

| コメント(0) | トラックバック(1)

 その後、あれこれ試してみて、KeySwapの設定はこのような形に落ち着いている。

図1 KeySwapの設定内容
図: KeySwap20130526.jpg

 Trulyのキー配列は以下の通り。

表3' KeySwapで変更した状態(≒Qwerty-JIS配列)
Win 漢字
App 変換
Caps Tab
Shift Back Shift
Ctrl Alt   無変 Enter Space   Alt Ctrl
表4' さらにDvorakJで変更した状態(≒Dvorak-US配列)
Win 漢字
App 変換
Caps Tab
Shift Back Shift
Ctrl Alt   無変 Enter Space   Alt Ctrl

 Trulyの打ちやすさに慣れてくると、漢直の練習も楽しくなってくる。この状態で漢直Winを使えばもっと覚えやすくなるに違いない。

 漢直WinはDvorak配列にも対応しているのだが、僕はDvorakJの設定で日本語キーボード上に英語(US)キーボード的な記号の配置を無理やり混ぜているので、DvorakJをOnにすると一部の記号が認識されなくなってしまう。かといって記号を普通の配置に戻す気にもなれない。

DvorakJの設定内容
[
1|2|3|4|5|6|7|8|9|0|[|]|`|
'|,|.|p|y|f|g|c|r|l|/|=|
a|o|e|u|i|d|h|t|n|s|-|\|
;|q|j|k|x|b|m|w|v|z|\|
]

-shift[
{!}|@ |{#}|$ |% |{^}|{&}|* |( |) |{{}|{}}|~|
"  |< |>  |P |Y |F  |G  |C |R |L |?  |{+}|
A  |O |E  |U |I |D  |H  |T |N |S |_  |@@@|
:  |Q |J  |K |X |B  |M  |W |V |Z |@@@|
]

 つまり、この設定のままで漢直Winを使うためにはDvorakJをOffにするしかない。今まではここであきらめていたけれども、要するに、DvorakJをOffにして漢直WinをOnにする(またはその逆の)操作が面倒なだけではないか。だったらホットキーを工夫すればよい。

 まず、漢直Winのホットキーを「Ctrl+¥」から「Ctrl+変換」に変更した。これはDvorakJの状態によって「¥」の位置が変わってしまうからだ。

漢直Winの設定内容
[kanchoku]

;; (0) 漢直Win の ON/OFF のキー
;; ----------------------------
;; ホットキー (ON/OFF をトグルするキー) の仮想キーコードを指定
;; (a) Ctrl と同時押しのキー
;; - hotKey=dc … Ctrl + \ (デフォルト)
;; - hotKey=4f … Ctrl + o (Canna 風)
;; - hotKey=be … Ctrl + .
;; - hotKey=bf … Ctrl + /
;; - hotKey=20 … Ctrl + Space
;; - hotKey=1c … Ctrl + 変換
;; - hotKey=1d … Ctrl + 無変換
hotKey=1c

 次に、DvorakJを「Shift+変換」でトグルできるように変更した。

図2 DvorakJの設定内容

 これで、漢直Winは「Ctrl+変換」で、DvorakJは「Shift+変換」で、それぞれトグルできるようになった。当然、漢直Winを使う時にはQwerty配列になってしまうけれども、漢直の練習用ということで割り切って使う分には問題ない。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1063

TrulyのCustom Layout Designerを使ってみたら、案外簡単にファームウェアの変更ができた。これは便利だ。 続きを読む

コメントする

カレンダー

<   2013年5月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のツイート

このページについて

このページは、m(as)mが2013年5月27日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こんな設定でTruly Ergonomic Keyboardを使っている」です。

次のブログ記事は「漢直を始めたい人にDvorak配列をお勧めするいくつかの理由」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261