漢直の打鍵表は、なぜ「木を見て森を見る」なのか?

| コメント(1) | トラックバック(0)

 TUT-codeの打鍵表(図1)を自作して持ち歩いていた頃の話です。T-codeの打鍵表を初めて見たときには戸惑いました。1打目と2打目の関係が、自作打鍵表とは逆だったのです。

(図1)TUT-codeの自作打鍵表(第1打が共通するものをグループ化)

【第1打:E】
┌─┬─┏━┓─┬─┐┌─┬─┬─┬─┬─┐
│両│待┃結┃信│ ││子│く│き│者│議│
├─┼─┗━┛─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│残│団│数│公│ ││け│こ│か│ │合│
├─┼─┼─┼─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│母│諸│免│ │ ││治│談│開│指│死│
└─┴─┴─┴─┴─┘└─┴─┴─┴─┴─┘
【第1打:D】
┌─┬─┬─┬─┬─┐┌─┬─┬─┬─┬─┐
│早│無│各│平│ ││会│つ│ち│人│定│
├─┼─┏━┓─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│勤│他┃全┃保│ ││て│と│た│ │長│
├─┼─┗━┛─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│街│堂│独│ │ ││話│作│売│打│考│
└─┴─┴─┴─┴─┘└─┴─┴─┴─┴─┘
【第1打:C】
┌─┬─┬─┬─┬─┐┌─┬─┬─┬─┬─┐
│静│何│補│施│ ││私│調│対│演│応│
├─┼─┼─┼─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│児│貸│改│防│ ││戦│当│委│党│義│
├─┼─┏━┓─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│渡│登┃守┃ │ ││愛│流│説│席│提│
└─┴─┗━┛─┴─┘└─┴─┴─┴─┴─┘

 平仮名の打ち方がローマ字みたいに規則的だったせいか、それまで何の疑問もなくこの表を使っていました。これをT-codeの打鍵表のやり方で作り直すと(図2)のようになります。

(図2)TUT-codeの自作打鍵表・改(第2打が共通するものをグループ化)

【第2打:E】
┌─┬─┏━┓─┬─┐┌─┬─┬─┬─┬─┐
│青│活┃結┃優│最││金│地│万│建│鉄│
├─┼─┗━┛─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│天│今│各│関│運││高│国│三│八│北│
├─┼─┼─┼─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│類│非│補│軽│率││崎│宿│可│室│渋│
└─┴─┴─┴─┴─┘└─┴─┴─┴─┴─┘
【第2打:D】
┌─┬─┬─┬─┬─┐┌─┬─┬─┬─┬─┐
│黒│資│数│品│座││学│本│大│六│株│
├─┼─┏━┓─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│約│有┃全┃自│住││東│二│日│時│不│
├─┼─┗━┛─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│評│庭│改│役│花││急│海│市│支│森│
└─┴─┴─┴─┴─┘└─┴─┴─┴─┴─┘
【第2打:C】
┌─┬─┬─┬─┬─┐┌─┬─┬─┬─┬─┐
│曇│注│免│茶│昨││科│屋│映│阪│昇│
├─┼─┼─┼─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│賃│晴│独│観│変││南│谷│道│共│江│
├─┼─┏━┓─┼─┤├─┼─┼─┼─┼─┤
│酒│御┃守┃程│史││草│条│栄│庫│波│
└─┴─┗━┛─┴─┘└─┴─┴─┴─┴─┘

 どっちでも同じように見えますが、増田忠さんに尋ねたところ(図2)の方がいいという返事でした。その理由は、2打鍵目の位置に漢字を表示すると、その位置のキーを最初に打ってしまいやすくなるからだということです。確かに打順が逆になるミスがときどきあったので、それ以来(図2)の方を使うようにしています。

 超多段シフトでは最終打鍵の位置に漢字が表示されますが、2ストローク系の打鍵表は第1打鍵の位置なので、最初はちょっと戸惑うかもしれません。でも、慣れてくるとこの方が自然なのだと実感できると思います。

 ところで、打鍵表をぱっと見たときに左手と右手の区別が分かりづらいのが悩みの種です。そこで、人差指で打つ2列のキーの間に補助線を入れてみました。(図3)は、TUT-codeの打鍵表に補助線を入れて(図2)と同じ部分に着色したものです。

(図3)TUT-codeの打鍵表・改(一部)

LL

  * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*  ∥ * * * * |*   
  * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*  ∥ * * * * |*   
  * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*  ∥ * * * * |*   
  * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*  ∥ * * * * |*   

  * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*  ∥ * * * * |*   
  並態両乗|専  伝健待白|港  青活結優|最  整少信報|太 ∥ * * * * |*   
  悪病早糸|試  根仕無案|額  天今各関|運  寮広平音|計 ∥ * * * * |*   
  伸羽静財|始  裏短何積|迎  類非補軽|率  復遊施帰|便 ∥ * * * * |*   

  * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*  ∥ * * * * |*   
  念右残赤|形  税質団参|基  黒資数品|座  警託公細|費 ∥ * * * * |*   
  深管勤増|習  毎福他米|利  約有全自|住  直送保世|現 ∥ * * * * |*   
  奏示児志|未  医単貸追|挙  評庭改役|花  討具防素|介 ∥ * * * * |*   

  * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*   * * * * |*  ∥ * * * * |*   
  返競母熱|退  祭訪諸修|版  曇注免茶|昨  * * * * |*  ∥ * * * * |*   
  星許街鈴|帝  族従堂兵|監  賃晴独観|変  * * * * |*  ∥ * * * * |*   
  雑推渡効|宇  刊徳登冷|響  酒御守程|史  * * * * |*  ∥ * * * * |*   

RL

  * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *  ∥ * |* * * *   
  * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *  ∥ * |* * * *   
  * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *  ∥ * |* * * *   
  * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *  ∥ * |* * * *   

  * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *  ∥ * |* * * *   
  興|口洋船久  水|産務駅頭  金|地万建鉄  町|七京理営 ∥ 第|和区西富  
  松|安都与清  動|川給木佐  高|国三八北  山|電五小原 ∥ 名|部業問近  
  河|越統秀油  元|蔵県築角  崎|宿可室渋  半|岡石休豊 ∥ 林|門格吉齢  

  * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *  ∥ * |* * * *   
  遇|井島士坪  機|野前百接  学|本大六株  工|事中九午 ∥ 内|千分立外  
  藤|付経正賞  代|月田後商  東|二日時不  新|年一同歩 ∥ 円|四十面教  
  研|葉倉菱浴  丸|卒朝農億  急|海市支森  光|郎文沢馬 ∥ 次|宅村古袋  

  * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *   * |* * * *  ∥ * |* * * *   
  企|服鋼停州  伊|週階労板  科|屋映阪昇  央|池制証浅 ∥ 昭|宮職雄春  
  精|友収寺履  浜|戸料火坂  南|谷道共江  横|台橋武宝 ∥ 軍|土神造芸  
  振|鉱敷融浦  津|塚尾竹泉  草|条栄庫波  芝|幸玉曜環 ∥ 岩|城永秋陸  

 打鍵表から目的の漢字を見つけたときに、まず分かるのは小さなブロックの中の漢字の位置です。そのブロックが全体の中のどの位置にあるのかを把握するまでには少し時間がかかるでしょう。だから「木を見て森を見る」という順序になっているのだと考えれば、納得できるんじゃないかと思います。

 今ではこの形式の打鍵表を持ち歩いて、ひまな時には自作漢直のイメージトレーニングをしています。電車の中で漢字がぎっしり並んだ紙切れを指で叩いている不審人物を見かけたら、ぜひ「そこで漢直ですか?」と声をかけてみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1070

コメント(1)

コメントする

カレンダー

<   2013年12月   >
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のツイート

最近のコメント

このページについて

このページは、m(as)mが2013年12月10日 02:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「風」は漢直ではないのか?」です。

次のブログ記事は「タイピング練習法の「増田式」は、もともと漢直の練習法だった」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261