Truly Custom Layout Designerを使ってみた

| コメント(0) | トラックバック(0)

 Trulyのキーボードの配列変更について検索していて、ここのブログを見たという方から、ファームウェアを更新するとNumLock一発でDvorak/Qwertyの切り換えができたりして便利ですよというアドバイスのメールをいただいで、さっそくTruly Custom Layout Designerを使ってみた。

 英語でいろいろ書いてあって難しそうだったので今まで敬遠していたけれども、やってみたら案外簡単に変更できた。なるほど、これは便利だ。

 忘れないうちに手順をメモしておく。

  1. 準備
    • Firmware Upgradeのページの「How to upgrade the Firmware」からファームウェア変更ソフト(TrulyErgonomic_Firmware_Upgrade_*.zip)をダウンロードして適当なところに解凍する("*"にはOS名とファームウェア変更ソフトのバージョン番号が入る)
    • DIPスイッチの切り換えに使えそうな棒を用意しておく
    • (ノートPCではない場合は、普通のJISキーボードもあった方が安心)
  2. カスタマイズ
    • Default Layoutsの中から「Truly Ergonomic ### – JIS Japan」を選ぶ("###"には"229", "209", "109"が入る)
    • 上の一般的なキーボードの図の「Layout」の中から「JIS‐Japan」選ぶ
    • 下のTrulyのキーボードの図の「TECK」「Debouncing」「Layers DIP #2」の各項目を選ぶ
    • 上の図から下の図にキーをドラッグ&ドロップする
      (上の図に表示される記号は実際に入力される記号とは異なるものがあるけれども、通常のJISキーボードに置き換えて考えればよい)
    • 「Bookmark or Share」でブックマークしておくと、後で設定内容を変更するときに便利
    • 「Save」で、カスタマイズしたデータ(*.hex)をダウンロードして、ファームウェア変更ソフトを解凍したフォルダに入れる
  3. ファームウェアの変更
    • KeySwapの設定を全部白紙に戻して終了、再起動する
      (念のため、対象ユーザーを切り換えて「全ユーザー」と「<ユーザー名>のみ」の両方を白紙にする)
    • DvorakJなど、キー入力に介入しているソフトを全部終了する
    • Trulyキーボードを外して、プロテクト(DIP #5)をOFFにする
      (ここで、JISキーボードで各キーが正常に機能しているかを確認する)
    • Trulyキーボードを挿す
    • 変更ソフト(TrulyErgonomic_Firmware_Upgrade.exe)を起動する
    • ダウンロードしたデータ(*.hex)を「Load」して「Upgrade」する
    • 変更が正常終了したら「Exit」を押して変更ソフトを終了する
    • Trulyキーボードを一度外してプロテクト(DIP #5)をONに戻してから挿す
    • エラーが出た場合は、変更ソフトを閉じ、Trulyキーボードを外してプロテクト(DIP #5)がOFFになっているかを確認してからやり直す
      (キーボードがUSBデバイスとして正しく認識されない場合にもエラーが出るようだ)

 さっきは「案外簡単に」なんて書いたけれども、実は、左Ctrlを押すとCapsLockになったり右Shiftを押すとコロンになったりするという怪現象が発生して、KeySwapの個人用設定がレジストリの別の場所に残っていたのが原因だと分かるまでに手間取ってしまった。手順と注意点さえ分かっていれば、それほど時間はかからないだろうと思う。

 そんなこんなで最終的にできあがったのは、こんな感じのレイアウトだ。

図:Truly_Custom_Layout_209_JIS.jpg

 KeySwapと全く同じリマップをやっているので、キーボード自体の使用感は以前と全く変わらない。とはいっても、今までKeySwapでやっていたことがキーボード側で設定できるので、普通のJISキーボードと差し替えるだけですぐに使えるようになるのはメリットだろう。僕はノートPCを使っているので、Trulyを外しても本体のキーボードが普通に使えるようになったのが非常にありがたかった。

 キーが一個足りなかったので、Shift-F10で代用できる「Apps」をつぶして「ろ」を入れた。本当は"Main"の方も一個足りないけれども、僕はDvorakJを使って「Shift-0」に「)」を割り当てているので今までキー不足には気付かなかった。Qwerty/JIS配列ユーザーの方は、"Main"にも「ろ」を入れたこちらをどうぞ。

図:Truly_Custom_Layout_209_JIS_RO
.jpg


〔追記〕(2015/06/23)

 設定内容の画像とリンク先をモデル229に対応した新しい内容に置き換えました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1075

コメントする

カレンダー

<   2014年5月   >
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のツイート

このページについて

このページは、m(as)mが2014年5月24日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漢直使いは「SKK+漢直が最高」と連呼する」です。

次のブログ記事は「Google日本語入力で交ぜ書き変換する方法」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261