そこで仮名漢直ですよ。

| コメント(0) | トラックバック(0)

 漢直を使っていると、仮名入力に2ストロークの手間がかかるのが重いと感じることがある。なんとかして仮名を1ストロークで入力できないものだろうか。今まで何度となくそう考えてみたけれども、これはという方法は思い浮かばなかった。

  • ユーザー辞書に単漢字として登録して一字ずつ変換する
  • 仮名入力では使わないシフト打鍵に漢直を割り当てる
  • 仮名入力と漢直のモードを切り替える

 これでは何だかすっきりしない。漢直ユーザーとしては漢字の打ち方を変えたくないし、おそらく仮名入力ユーザーも今まで通りに仮名を打ちたいだろう。何らかのキーを使って、シフトしたりエスケープしたりモードを切り替えたりするのは煩わしい。もっと自然に仮名と漢字を打ちたいのだ。

 最近になってようやく、この難問をうまく解決できそうな方法を思いついた。

 ここで、ちょっと寄り道して、「漢直が仮名入力よりも速いという幻想」で使った例文を見てみよう。

 テキストの上にJIS仮名の打鍵、下に漢直(G-code)の打鍵を仮名で表示している。(赤い文字は他方よりも打鍵数が多い部分)

【例文1】

かん ちょく か゛ にゅう りょく はや け゛ん そう
りりき につ んは ふも なさ れさ みし れい まて れす ゆて まき れと まき のき ととに はこ

【例文2】

りゅう く゛う し゛ょう し゛ゅう き゛ょう いん か゛ りょう しゅう しょう て゛
れは りて くか ぬさ ふれ ふま れち こか みい あま んは のは りて くと めな きか てひ らと のし らち

 例文の上下の打鍵を比べると、仮名入力と漢直の弱点がよく分かる。仮名入力は拗長音や濁音を含む読み、漢直は仮名の打鍵が弱点だ。

 それならば、打鍵数の少ない方を選んで打てばいいのではないか。とりあえず、仮名は全部JIS仮名の方で打ち、漢字は熟語単位で打ちやすい方を選ぶというルールで、打つキーを黄色表示にしてみた。

【例文1(改)】

かん ちょく か゛ にゅう りょく はや け゛ん そう
りりき につ んは ふも なさ れさ みし れい まて れす ゆて まき れと まき のき ととに はこ

【例文2(改)】

りゅう く゛う し゛ょう し゛ゅう き゛ょう いん か゛ りょう しゅう しょう て゛
れは りて くか ぬさ ふれ ふま れち こか みい あま んは のは りて くと めな きか てひ らと のし らち

 漢直の打鍵の黄色い部分「れさみし」「ぬさふれふま」「こかみいあま」「めなきかてひ」は通常の“よみ”と衝突しない。つまり、これらの“漢直よみ”で「入力」「竜宮城」「従業員」「領収証」の4語をユーザー辞書に登録すればいいわけだ。(一度試してみて、「速い」が「早い」になったので、「速」を追加した)

【登録例1】(Microsoft IME)

よみ単語品詞コメント
れさみし入力さ変名詞にゅうりょく
ぬさふれふま竜宮城固有名詞りゅうぐうじょう
こかみいあま従業員名詞じゅうぎょういん
めなきかてひ領収証名詞りょうしゅうしょう
めなきかてひ領収証名詞りょうしゅうしょう
ゆて形容詞はや

【登録例2】(Google日本語入力)

よみ単語品詞コメント
れさみし入力名詞サ変にゅうりょく
ぬさふれふま竜宮城固有名詞りゅうぐうじょう
こかみいあま従業員名詞じゅうぎょういん
めなきかてひ領収証名詞りょうしゅうしょう
ゆて形容詞はや

【登録例3】(ATOK 2015)

よみ単語品詞コメント
れさみし入力名詞サ変にゅうりょく
ぬさふれふま竜宮城固有一般りゅうぐうじょう
こかみいあま従業員名詞じゅうぎょういん
めなきかてひ領収証名詞りょうしゅうしょう
ゆて形容詞はや

 本当にこれだけで、普通の“よみ”の中に“漢直よみ”を混ぜて打っても正しく変換できるようになる。品詞情報があるので連文節変換が効いていて、この程度の短文なら一括変換しても問題なさそうだ。

 もちろん“漢直よみ”が既存の“よみ”と衝突する可能性はゼロではない。例えば「早」の“漢直よみ”は「みた」なので、「早い」と入力しようとして「見たい」に変換されるおそれがある。手作業で登録する場合はすぐに気が付くことだが、一括処理で辞書データを作る場合は衝突チェックを入れる必要があるだろう。

 漢直ユーザーとしては、直接打てない熟語があるのは少し残念な気もするが、仮名のストローク数が半減するというメリットの方が大きいので、その程度のことは妥協できると思う。面白いのは、熟語の片方の漢字がうろ覚えの場合、手さぐりで打っても辞書に登録されていない組み合わせでは漢字に変換されないうことだ。このおかげで打ち間違いやすい漢字を目にする機会はずいぶん減る。

 ところで、仮名入力ユーザーの方々には、この方法にどれくらいメリットがあるように見えるだろうか? 打ちにくいよみの短縮や同音漢字の打ち分けのためとはいえ、わざわざ意味不明の文字列の打ち方を覚えてみようという気にはなれないのではないか。

 漢直にこだわらずに、例えば「りょしし」→「領収書」、「りょしう」→「領収証」などと登録した方が覚えやすいし打つのも簡単だ。もっといい方法を既に使っている人もいることだろう。

 そう考えると、この「仮名漢直」というのは、漢直をある程度マスターしていて、仮名の打鍵数を減らしたい人向けの入力方法のような気がしてきた。JIS仮名入力は漢直で打つより楽なので、これで普通に入力できるようになればしめたものだ。特別なソフトは不要で、IMEのユーザー辞書に単語登録するだけなので、興味のある方は、とりあえず一度試してみてほしい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1078

コメントする

カレンダー

<   2015年7月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のツイート

このページについて

このページは、m(as)mが2015年7月 4日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漢直が仮名入力よりも速いという幻想」です。

次のブログ記事は「打鍵数はこれでいいのか?」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261