親指シフトは仮名縛りなのか?

| コメント(0) | トラックバック(0)

打鍵数は参考程度にするのがよい

 まず、前回の「打鍵数はこれでいいのか?」のおさらいから。「各入力方法の仕様比較」の表を、シフトを含む打鍵数で書き換えてみた。

表1

  親指シフトキーボード JISキーボード
文字キーの数 48 48
シフトキーの位置 中央(親指シフト) 両サイド(小指シフト)
入力モード 仮名モード 英数モード 仮名モード 英数モード
文字のレイアウト NICOLA Qwerty配列 JIS仮名配列 Qwerty配列
仮名の入力方法 かな入力 ローマ字入力 かな入力 ローマ字入力
打鍵数 清音 1 or
2(同側シフト)
(JISキーボードと同じ) 1 or
2(「を」)
1(母音) or
2(子音+母音)
(半)濁音 2(クロスシフト) 2(清音+(半)濁点) 2(子音+母音)
撥音(「ん」) 1 1 1(n) or
2(nn)
促音(「っ」) 2(同側シフト) 2(シフト) 1(次の文字の子音) or
3(xtu)
拗音(「きゃ」等) 3(単独+同側シフト) or
4(クロスシフト+同側シフト)
3(清音+シフト) or
4((半)濁音+シフト)
2(「じゃ」「ふぁ」等) or
3

 要するに、NICOLAはJIS仮名よりも(「を」を除く)同側シフトの仮名の分だけ打鍵数が多くなり、ローマ字入力に関しては、親指シフトキーボードとJISキーボードには何ら違いがない(元の表で省略されているのはそのためだ)。

 これではJISキーボードで仮名入力やローマ字入力を使っている人にとって、 親指シフトキーボードには何の魅力もないことになる。むしろ、不公平な比較アニメーションを見せられて、親指シフトキーボードに反感を抱く可能性すらある。

 そこで、「キーボード入力比較」のアニメーションの例文で溜飲を下げていただこう。(煩雑になるので、仮名に開いたテキストを使い、仮名漢字変換・改行・右寄せ等の打鍵は省略した)

【例文】(144文字)
はいけい なつのひかりもいくぶんしのぎやすくなりましたが、みなさまいかがおすごし
でしょうか。ほんじつ、まごにせがまれてちかくのうみへまいりましたら、りょうしさん
のいえで、とてもしんせんなひものをみつけました。あなたがおすきなのをおもいだして
、おおくりいたしましたから、ごしょうみください。なまぼしもありますから、はやくお
めしあがりください。とりいそぎ、おしらせまで。けいぐ

【NICOLA】(267打鍵)
(は)(い)(け)(い)( )((左て))(つ)((右き))(ひ)(か)((左た))((左せ))(い)(く)((右ふ))
(ん)(し)((右き))((左き))((左ふ))(す)(く)((左て))((左た))((右つ))(し)(た)((右か))
(、)((右は))((左て))(さ)((右つ))(い)(か)((右か))((右と))(す)((右こ))(し)((右て))
(し)((右い))(う)(か)(。)(ほ)(ん)((右し))(つ)(、)((右つ))((右こ))((右ち))(せ)((右
か))((右つ))((左さ))(て)(ち)(か)(く)((右き))(う)((右は))(へ)((右つ))(い)((左た))
((右つ))(し)(た)(ら)(、)((左た))((右い))(う)(し)(さ)(ん)((右き))(い)((左か))((右
て))(、)(と)(て)((左せ))(し)(ん)(せ)(ん)((左て))(ひ)((左せ))((右き))((左う))((右
は))(つ)(け)((右つ))(し)(た)(。)((左し))((左て))(た)((右か))((右と))(す)(き)((左
て))((右き))((左う))((右と))((左せ))(い)((右た))(し)(て)(、)((右と))((右と))(く)
((左た))(い)(た)(し)((右つ))(し)(た)(か)(ら)(、)((右こ))(し)((右い))(う)((右は))
(く)((右た))(さ)(い)(。)((左て))((右つ))((左ほ))(し)((左せ))((左し))((左た))((右
つ))(す)(か)(ら)(、)(は)((左ふ))(く)((右と))(め)(し)((左し))((右か))((左た))(く)
((右た))(さ)(い)(。)(と)((左た))(い)(そ)((左き))(、)((右と))(し)(ら)(せ)((右つ))
((右て))(。)(け)(い)((左く))

【JIS仮名】(223打鍵)
(は)(い)(け)(い)( )(な)(つ)(の)(ひ)(か)(り)(も)(い)(く)(ふ)(゛)(ん)(し)(の)(き)
(゛)(や)(す)(く)(な)(り)(ま)(し)(た)(か)(゛)(L(ね))(み)(な)(さ)(ま)(い)(か)(か)
(゛)(お)(す)(こ)(゛)(し)(て)(゛)(し)(L(よ))(う)(か)(L(る))(ほ)(ん)(し)(゛)(つ)
(L(ね))(ま)(こ)(゛)(に)(せ)(か)(゛)(ま)(れ)(て)(ち)(か)(く)(の)(う)(み)(へ)(ま)
(い)(り)(ま)(し)(た)(ら)(L(ね))(り)(L(よ))(う)(し)(さ)(ん)(の)(い)(え)(て)(゛)
(L(ね))(と)(て)(も)(し)(ん)(せ)(ん)(な)(ひ)(も)(の)(L(わ))(み)(つ)(け)(ま)(し)
(た)(。)(あ)(な)(た)(か)(゛)(お)(す)(き)(な)(の)(L(わ))(お)(も)(い)(た)(゛)(し)
(て)(L(ね))(お)(お)(く)(り)(い)(た)(し)(ま)(し)(た)(か)(ら)(L(ね))(こ)(゛)(し)
(L(よ))(う)(み)(く)(た)(゛)(さ)(い)(L(る))(な)(ま)(ほ)(゛)(し)(も)(あ)(り)(ま)
(す)(か)(ら)(L(ね))(は)(や)(く)(お)(め)(し)(あ)(か)(゛)(り)(く)(た)(゛)(さ)(い)
(L(る))(と)(り)(い)(そ)(き)(゛)(L(ね))(お)(し)(ら)(せ)(ま)(て)(゛)(L(る))(け)
(い)(く)(゛)

【Qwertyローマ字】(325打鍵)
(h)(a)(i)(k)(e)(i)( )(n)(a)(t)(u)(n)(o)(h)(i)(k)(a)(r)(i)(m)
(o)(i)(k)(u)(b)(u)(n)(s)(i)(n)(o)(g)(i)(y)(a)(s)(u)(k)(u)(n)
(a)(r)(i)(m)(a)(s)(i)(t)(a)(g)(a)(,)(m)(i)(n)(a)(s)(a)(m)(a)
(i)(k)(a)(g)(a)(o)(s)(u)(g)(o)(s)(i)(d)(e)(s)(h)(o)(u)(k)(a)
(.)(h)(o)(n)(j)(i)(t)(u)(,)(m)(a)(g)(o)(n)(i)(s)(e)(g)(a)(m)
(a)(r)(e)(t)(e)(t)(i)(k)(a)(k)(u)(n)(o)(u)(m)(i)(h)(e)(m)(a)
(i)(r)(i)(m)(a)(s)(i)(t)(a)(r)(a)(,)(r)(y)(o)(u)(s)(i)(s)(a)
(n)(n)(n)(o)(i)(e)(d)(e)(、)(t)(o)(t)(e)(m)(o)(s)(i)(n)(s)(e)
(n)(n)(n)(a)(h)(i)(m)(o)(n)(o)(w)(o)(m)(i)(t)(u)(k)(e)(m)(a)
(s)(i)(t)(a)(.)(a)(n)(a)(t)(a)(g)(a)(o)(s)(u)(k)(i)(n)(a)(n)
(o)(w)(o)(o)(m)(o)(i)(d)(a)(s)(i)(t)(e)(,)(o)(o)(k)(u)(r)(i)
(i)(t)(a)(s)(i)(m)(a)(s)(i)(t)(a)(k)(a)(r)(a)(,)(g)(o)(s)(h)
(o)(u)(m)(i)(k)(u)(d)(a)(s)(a)(i)(.)(n)(a)(m)(a)(b)(o)(s)(i)
(m)(o)(a)(r)(i)(m)(a)(s)(u)(k)(a)(r)(a)(,)(h)(a)(y)(a)(k)(u)
(o)(m)(e)(s)(i)(a)(g)(a)(r)(i)(k)(u)(d)(a)(s)(a)(i)(.)(t)(o)
(r)(i)(i)(s)(o)(g)(i)(,)(o)(s)(i)(r)(a)(s)(e)(m)(a)(d)(e)(.)
(k)(e)(i)(g)(u)

【TRONカナ】(234打鍵)
(は)(い)(右(の))(い)( )(な)(つ)(の)(左(ら))(か)(り)(も)(い)(く)((左右(も)))(ん)
(し)(の)(左(き))(右(ん))(す)(く)(な)(り)(ま)(し)(た)(右(か))(、)(右(し))(な)(さ)
(ま)(い)(か)(右(か))(右(を))(す)(右(こ))(し)(右(て))(し)(ょ)(う)(か)(。)(左(ょ))
(ん)(左(し))(つ)(、)(ま)(右(こ))(に)(左(に))(右(か))(ま)(れ)(て)(右(い))(か)(く)
(の)(う)(右(し))(左(な))(ま)(い)(り)(ま)(し)(た)(ら)(、)(り)(ょ)(う)(し)(さ)(ん)
(の)(い)(右(き))(右(て))(、)(と)(て)(も)(し)(ん)(左(に))(ん)(な)(左(ら))(も)(の)
(を)(右(し))(つ)(右(の))(ま)(し)(た)(。)(あ)(な)(た)(右(か))(右(を))(す)(き)(な)
(の)(を)(右(を))(も)(い)(右(た))(し)(て)(、)(右(を))(右(を))(く)(り)(い)(た)(し)
(ま)(し)(た)(か)(ら)(、)(右(こ))(し)(ょ)(う)(右(し))(く)(右(た))(さ)(い)(。)(な)
(ま)((左右(ょ)))(し)(も)(あ)(り)(ま)(す)(か)(ら)(、)(は)(右(ん))(く)(右(を))(右(
く))(し)(あ)(右(か))(り)(く)(右(た))(さ)(い)(。)(と)(り)(い)(左(る))(左(き))(、)
(右(を))(し)(ら)(左(に))(ま)(右(て))(。)(右(の))(い)(左(く))

【M式】(321打鍵)
(H)(Ai)(K)(Ei)( )(N)(母(Ai))(N)(O)(H)(I)(K)(A)(R)(I)(M)(o)(i)(K)
(u)(B)(u)(子(W))(S)(i)(N)(o)(G)(i)(Y)(a)(S)(u)(K)(u)(N)(a)(R)
(i)(M)(a)(S)(i)(T)(a)(G)(a)(、)(M)(I)(N)(A)(S)(A)(M)(A)(i)(K)
(a)(G)(a)(o)(S)(U)(G)(O)(S)(i)(D)(e)(子(S))(o)(u)(K)(a)(子(、))
(H)(On)(Z)(母(Ui))(、)(M)(A)(G)(O)(N)(i)(S)(e)(G)(a)(M)(a)(R)(e)
(T)(e)(T)(I)(K)(A)(K)(u)(N)(o)(U)(M)(I)(H)(e)(M)(A)(I)(R)(i)
(M)(a)(S)(i)(T)(a)(R)(a)(、)(子(R))(Ou)(S)(I)(S)(a)(子(W))(N)(o)
(I)(E)(D)(e)(、)(T)(o)(T)(e)(M)(o)(S)(母(i))(S)(母(e))(N)(a)(H)
(I)(M)(O)(N)(O)(W)(o)(M)(I)(T)(u)(K)(e)(M)(a)(S)(i)(T)(a)(。)
(a)(N)(a)(T)(a)(G)(a)(o)(S)(U)(K)(i)(N)(a)(N)(o)(W)(o)(O)(M)
(O)(i)(D)(A)(S)(i)(T)(e)(、)(o)(O)(K)(U)(R)(i)(i)(T)(a)(S)(i)
(M)(a)(S)(i)(T)(a)(K)(a)(R)(a)(、)(G)(O)(子(S))(Ou)(M)(I)(K)(u)
(D)(a)(S)(a)(i)(子(、))(N)(A)(M)(A)(B)(O)(S)(I)(M)(o)(a)(R)(i)
(M)(a)(S)(u)(K)(a)(R)(a)(、)(H)(A)(Y)(A)(K)(u)(o)(M)(E)(S)(i)
(a)(G)(a)(R)(i)(K)(u)(D)(a)(S)(a)(i)(子(、))(T)(O)(R)(i)(I)(S)
(O)(G)(i)(、)(o)(S)(i)(R)(a)(S)(e)(M)(a)(D)(e)(子(、))(K)(Ei)(G)
(u)

〔凡例〕
 左:左親指シフト
 右:右親指シフト
 L:左英字シフト
 R:右英字シフト
 子:子音シフト(左親指)
 母:母音シフト(右親指)
 その他:ノーマル打鍵時の仮名、記号、および(ローマ字変換前の)英数記号

 親指でシフトする方式なので無視するわけにもいかないと思い、TRONカナ配列とM式についても調べてみた。

 TRONカナ配列は、NICOLAの「清音のクロスシフトで濁音」という制約がなく、高頻度の仮名が単独打鍵となっているため、シフトを打つ回数が少ない。

 M式は、子音と母音の組み合わせをベースにして撥音・促音・拗音などを子音シフトと母音シフトで省打鍵化しているが、シフト回数を加算すると、その効果が相殺されている。

 この結果を見た限りでは、JIS仮名が最も打鍵数が少なく、Qwertyローマ字も打鍵数はそれほど多くはない。打ちやすさは他の最適化された配列に比べれば低くなるだろう。シフト操作とのトレードオフだから、当然、シフト操作のコストをどう計算するかで意見が分かれるはずだ。もっと正確に計算するにはキーの位置や運指パターンなども評価すべきだということになり、諸説入り乱れてキーボードを選ぶ前にどの説を選ぶのかという難しい問題になってしまう。結局、データを参考にしつつ、実物のキーボードと自分の手で試してみるしかないだろう。

親指シフトの仮名縛りを解く方法

 ところで、なぜ親指シフトキーボードは「親指シフト」という特定の仮名の配列や入力方法と抱き合わせになっているのだろうか。親指シフトキーがローマ字入力やJIS仮名入力のユーザーにも有効に活用できれば、小指でしかシフトできないキーボードに不満を感じている多くの人に支持されるのではないかと思うのだ。(※1)

 キーボード全体の物理的なデザイン/各キーの論理的な配列/同時打鍵シフトという入力方法が一体となってこそ真価を発揮できるというのは理解できるけれども、キー配列やシフト方法がオプションで選べた方がありがたいし面白い。もしも自由にカスタマイズできるのなら、親指シフトキーボードという土台の上で自分好みの配列を自作して快適な日本語入力を楽しむことができるだろう。

 そんなことを考えながら、以下のような表を作ってみた。キーボード自体を比較するわけではないので、キーボードの名前を記入する項目はない。

表2


シフトキーの種別
親指 小指 中指
日本語入力 仮名漢字変換 仮名入力 NICOLA
TRONカナ配列
JIS仮名配列
花配列
ローマ字入力 NCOLA?
M式
Qwerty配列
Dvorak配列
超多段シフト
漢字直接入力
2ストローク系 T-code
TUT-code
欧米語入力(※2) Qwerty配列
Dvorak配列
多言語入力(※3)

 この表を見れば分かるように、親指シフトキーボードが活躍できるエリアがたくさん残っている。まずは手始めにローマ字入力に親指シフトを取り入れてはどうだろうか? 「ローマ字入力にシフトキーなんか使わないだろう」なんて思った人には、「SKK 日本語入力」というキーワードで検索することをおすすめする。思っていたよりも世界は広い。


(※1)
エスリルのキーボード「NISSE」の「キーキャップの仕様別の割合」を見ると「親指シフト」を選ぶ人が20%いることが分かる。その逆に、JIS仮名仕様の「親指シフトキーボード」があったらどうだろう。親指でシフトできれば拗促音の入力が楽になるはずだ。英文やローマ字入力についても、Dvorak配列が選択できて親指でシフトできるとなれば、使ってみたいと思う人は今より増えるだろう。
(※2)
詳しくは知らないが、ドイツ語やフランス語などを入力する際に使うデッドキーはキーボードの片隅に追いやられている。これを親指シフトで入力できるようにすれば便利になるかもしれない。
(※3)
最近「親指シフトを世界に」というサイトを教えていただいて、僕のような単なる 思いつきではなく真面目に研究されている方々がいることに感銘を受け、日本語キーボードから国際的なキーボードへと発展することを願って「多言語入力」の欄を追加した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1081

コメントする

カレンダー

<   2015年7月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のツイート

このページについて

このページは、m(as)mが2015年7月19日 10:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「打鍵数はこれでいいのか?」です。

次のブログ記事は「親指シフトで漢直できるのか?」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261