仮名入力に漢直をじわじわ混ぜていく方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

「仮名入力|漢直」問題

 前々回はローマ字テーブルに漢直を入れる方法を紹介しましたが、仮名入力ユーザーにとっては、あまり興味の湧かない内容だったろうと思います。そこで今回は、仮名入力を使っている方々のための方法を紹介してみます。

 仮名入力と漢直の間にも壁があります。仮名入力ユーザーから見ると、入力方法を全部白紙に戻さねばならず、しかも仮名が2ストローク以上になってしまうのが大きな障壁になるはずです。これでは漢直に乗り換えるメリットはないでしょう。

 その壁の裏側には漢直ユーザーがいて、「漢字は今まで通り直接入力して、仮名だけ1ストロークにできないか?」などと言って頭をひねっています。しかし、ほぼすべてのキーは漢字の1ストローク目に割り当てられていて、仮名入力のために使える余分なキーなんてありません。

 この壁は、難攻不落の城壁のように見えますが、実は抜け穴があるのです。

「仮名は1ストローク、漢字は2ストローク」(*1)は実現できる

 まず、仮名入力ユーザーと漢直ユーザーのどちらにとっても仮名の2ストローク入力は不要なので、2ストローク化の対象を漢字に限ります。

 次に、簡単な実験をします。この上の一文に含まれる漢字の部分を仮名入力モードのまま漢直のつもりで打ってみます。(以下の例では仮名配列はJIS仮名と親指シフト、漢直はG-Codeを用いていますが、他の仮名配列や他の漢直でも同様のことが試せます)

(表1)漢字とストロークの対応表(G-Code)

漢字ストローク
JIS仮名親指シフト
仮名 ふもなさ 2そちひ
入力 れさみし んひめて
漢直 りりきにつ いいせく.
不要 しねゆこ てね8へ
らつ つ.
対象 るつせる ほ.,ほ
漢字 りりきおて いいせ6か
しこ てへ

 (表1)を見ると、熟語のストロークは意味不明の文字列になっています。しかし、漢字1文字だけの「化」「限」や、熟語を分解した漢字1字分のストロークをみると、別の漢字に変換されそうな“よみ”になるものがいくつかあります。たったこれだけの例で判断するのは早計ですが、単漢字のストロークが意味のある単語の“よみ”と衝突しやすいことは充分に分かります。

 そのようなわけで、とりあえず漢直で打つのは「2文字以上続く漢字の文字列」に限ることにして、話を進めます。

 さて、日本語として意味をなさない「ふもなさ」「れさみし」などの読みは、仮名漢字変換辞書の“よみ”として使われていないことは容易に想像できます。したがって、これらの未使用の“よみ”を使ってユーザー辞書に登録すれば、確実に「仮名」「入力」などに変換できることになるわけです。

漢直用のユーザー辞書の作り方

 (表1)のストロークを“よみ”として漢字の文字列(熟語)をユーザー辞書に登録するだけです。(以下の例は、Google日本語入力を用いた場合です。お使いの仮名漢字変換システムに合わせて適切な品詞名や品詞コードを選んでください。また、通常のユーザー辞書とは別の辞書に分けることができる場合は、漢直用のユーザー辞書を追加することをおすすめします)

(表2)熟語の登録例(JIS仮名・G-Code・Google日本語入力)

よみ単語品詞
ふもなさ 仮名 名詞
れさみし 入力 名詞サ変
りりきにつ 漢直 名詞サ変
しねゆこ 不要 名詞形動
るつせる 対象 名詞
りりきおて 漢字 名詞

(表3)熟語の登録例(親指シフト・G-Code・Google日本語入力)

よみ単語品詞
2そちひ 仮名 名詞
んひめて 入力 名詞サ変
いいせく. 漢直 名詞サ変
てね8へ 不要 名詞形動
ほ.,ほ 対象 名詞
いいせ6か 漢字 名詞

 “よみ”の中身が変なだけで、登録方法は通常と全く同じです。(この漢直用の“よみ”を、これ以降は“漢直よみ”と呼ぶことにします)

 試しに、(表2)や(表3)の単語を登録して、実際に入力してみてください。

(JIS仮名の場合)

〔入力〕
まず、ふもなされさみしゆーざーとりりきにつゆーざーのどちらにとってもふもなさの2すとろーくれさみしはしねゆこなので、2すとろーくかのるつせるをりりきおてにかぎります。

〔変換結果〕
まず、仮名入力ユーザーと漢直ユーザーのどちらにとっても仮名の2ストローク入力は不要なので、2ストローク化の対象を漢字に限ります。

(親指シフトの場合)

〔入力〕
まず、2そちひんひめてゆーざーといいせく.ゆーざーのどちらにとっても2そちひの2すとろーくんひめてはてね8へなので、2すとろーくかのほ.,ほをりりきおてにかぎります。

〔変換結果〕
まず、仮名入力ユーザーと漢直ユーザーのどちらにとっても仮名の2ストローク入力は不要なので、2ストローク化の対象を漢字に限ります。

 JIS仮名の場合は、正しい漢字に変換されるでしょう。しかし、親指シフトの場合には、正しく変換できない部分があるかもしれません。この問題の回避方法は、来週の「親指シフトに漢直をじわじわ混ぜていく方法」で説明しますので、しばらくお待ち下さい。

【注意】
 “漢直よみ”を暗記する必要は全くありません。登録時には、打鍵の位置を確認するために見ないわけにはいきませんが、それ以外の場面では、なるべく無視するようにしてください。

 この例文では、「入力」や「対象」の打鍵数は減りますが、「仮名」や「漢字」などの打鍵数が増えていまいます。(ただし、「かな/カナ/仮名/哉」・「感じ/漢字/幹事/監事」などと、人名の「かな」さん・「かんじ」さんの打ち分けができることはメリットといえるかもしれません)

 メリットの有無を一概に決めることはできないので、ユーザーが直接入力した方がいいと思った単語を、その都度、自分で登録していくのが最良の方法だろうと思います。

 上の例では「品詞」が名詞(サ変動詞)となる2文字の熟語しか取り上げませんでしたが、漢字1文字で動詞となる場合は“漢直よみ”が同じ種類の既存の動詞の“よみ”と衝突しなければ(*2)登録しても大丈夫です。

(表4)動詞の登録例(JIS仮名・G-Code・Google日本語入力)

よみ単語品詞コメント
れさ 動詞五段ラ行 はいる
れされ 入れ 動詞一段 いれる

略語登録や短縮登録などとの違い

 ここまで読んで、「特殊な“よみ”で辞書に登録する手法は昔からあった」と思う方もいることでしょう。確かにその通りですが、それを単漢字や略語などではなく、通常の品詞として登録するところがミソなのです。

 品詞の情報を加えることによって、本来の仮名に“漢直よみ”を混ぜて打っても、文法的に適切に処理されて正しく変換されるようになるのです。

 普通の“よみ”とは異なる“漢直よみ”を使って登録するので、(わざわざ無理な連想を考えたりしない限り)必然的に無連想式になるわけで、漢字と運指を直結させる身体的な記憶が形成されやすいというメリットもあります。また、同じ漢字の打ち方は他の単語の中でも共通なので、一度身につけた漢字の打ち方は、組み合わせて使う他の漢字の打ち方を習得する際の支えにもなります。

漢字の打ち方を調べる方法

 登録するには漢字の打ち方を調べる必要があります。とはいえ、ストローク表の中からさがすのは手間がかかって面倒です。こんな時には「漢索窓」が役に立ちます。これはWindows用の「漢直Win」という入力ソフトに付属しているツールですが、単体でも利用できます。T-codeやTUT-codeなどの主な漢直のテーブルが入っていて適当なものを選ぶことができます。

 打ち方を調べたい文字列をコピーして「漢索窓」のウインドウをダブルクリックするか右クリックすると(*3)、漢字と打鍵図が表示されます。(ダブルクリックで上書き、右クリックで追加されます)

(図1)「漢索窓」の表示例(G-Code)

09_fig1.jpg

※G-Codeの打鍵図では、2ストロークは「赤:第1打鍵」「緑:第2打鍵」、3ストロークは「青:第1・2打鍵(連打)」「黄:第3打鍵」となっています。

 意味不明の“漢直よみ”を単語登録の“よみ”として入力するときには、この打鍵図を見ながら打つと簡単です。また、登録した単語の打ち方を忘れたときは漢索窓で調べるようにすると、打ち方を直接指で覚えることができます。

 このように、必要に応じてユーザー辞書に登録していくことで、少しづつ漢直を混ぜていくことができます。機械的に一括処理をすると、思わぬところで“よみ”が衝突するおそれがあるので、手作業で登録して(正しく変換できるかを確認しながら)、じわじわと増やしていくことをおすすめします。

 今回は、主にJIS仮名配列を想定して書きましたが、他の仮名配列(NICOLAやTRON)など(*4)でも基本的に同じやりかたで登録や変換が可能です。(ただし、仮名漢字変換システムによっては、句読点などの記号を“よみ”として使えない場合があります)


 この記事は漢直 Advent Calendar 2015のために書いたものです。過去のブログ記事の内容と重複した部分があることを御了承ください。

(*1) 「仮名は1ストローク、漢字は2ストローク」 これは以前、増田忠士さんが使っていたフレーズですが、その当時は漢字のストロークを個別に登録して単漢字変換する方法だったと記憶しています。漢字1文字毎に変換キーを叩かなくてはならないのが本来の漢直のリズムとは異なっていたので、私はしばらく試しただけで常用するには至りませんでした。

(*2) “漢直よみ”が同じ種類の既存の動詞の“よみ”と衝突しなければ 例えば、「限」の“漢直よみ”は「しこ」なので、動詞(ラ行五段)として登録すると、既存の「凝(しこ)る」と衝突します。

(*3) 「漢索窓」のウインドウをダブルクリックするか右クリックすると 秀丸エディタユーザーで、マウスを使うのが面倒だと思った方は、昨日の記事を御覧ください。

(*4) 他の仮名配列(NICOLAやTRON)など 私は今年の8月からNICOLA+G-Codeを常用しています。同時打鍵をDvorakJで特殊なローマ字にしてGoogle日本語入力に送り込み、ローマ字テーブルで仮名にしたものを漢字に変換するという少々マニアックな設定をしています。詳細は12月15日12月16日の記事に書いてあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1087

コメントする

カレンダー

<   2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のツイート

このページについて

このページは、m(as)mが2015年12月 9日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「秀丸エディタで選択した文字列を漢索窓へ送り込む小技」です。

次のブログ記事は「漢直用ローマ字をQwertyからDvorakに変換する小技」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。

Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
Powered by Movable Type 4.261