タイピングと入力方式

(2003-02-08)

はじめに

 あらかじめお断りしておきますが、私は入力方式のマニアにすぎません。自分の体験と見聞きしたことや読んだことを材料にして考えているので、専門家から見ると「何だこれは?」というようなことを書くおそれが充分あります。眉に唾をつけて(前頭葉を冷やしながら?)お読みください。

タイピングの基礎

 タイピングの基礎は、適切な指づかいで目的のキーを正しく打つこと[*1]です。しかし、これを身につけるのは口でいうほど簡単ではありません。文字を書く以前の幼児が思いのままに落書きをするように、タイピングの場合にも、文字の入力以前に両手の指でキーを打ち分ける訓練をする必要があるのです。これは日常生活の中ではあまり馴染みのない手指の動作なので、誰でも最初から器用にできるわけではありません。

 こう考えると、目的のキーを打つ手指の基礎訓練をやりながら、そのうえ文字の打ち方まで覚えようとすることが、初心者にとっては困難なことが分かるでしょう。困難なだけならまだしも、手指の動作が不確実な段階で文字の入力方法を練習することは有害でさえあります。

ミスタイプ

 ベテランのタイピストでも必ずミスをします。初心者が練習中にミスタイプをするのは当然のことでしょう。ところが、普通の練習方法ではミスタイプを事前に防ぐことはできません。そこで、ミスタイプの原因と、それを取り除く練習方法について考えてみます。

 ミスタイプは大きく二つに分けられます。一つは、手指の基礎訓練が不充分で意図した通りに打鍵できない場合。もう一つは、手指は正確に動くけれどもキーの位置自体を間違ってしまった場合です。前者は「位置→打鍵」、後者は「文字→位置」の記憶の誤りが原因だと考えられます。出発点の「文字」自体を間違った場合は、ミスタイプではなく単なる誤字です。

 ミスタイプを防ぐには、「位置→打鍵」と「文字→位置」の両方を正しく記憶する必要があります。ところで、この二つを正しく記憶することはタイピングの練習目標そのものと一致しています。ということは、その目標を達成するまでの間は、必然的にミスタイプの原因を抱え込むことになるわけです。

 練習中に必然的にミスタイプをするのだとしたら、ミスタイプを予防する練習方法を考えることはナンセンスなように思えます。実際、記憶が不確実な状態で正しい文字を入力するように要求すればミスタイプは避けられないでしょう。
 しかし、従来の「文字」中心の方法から「打鍵」中心の方法に切り換えることによって、ミスタイプを抑制することができます。つまり、ある「打鍵」とその結果入力される「文字」との関係は常に一定であり正しいことが保証されているのだから、この関係を記憶すればいいのです。

タイピングと記憶の関係

 俗に「タイピングは指で覚える」などと言いますが、実際は手指の運動に関する「位置→打鍵」の記憶は脳の中にあります。もちろん、「文字→位置」の関係も脳内に記憶されています。この二つの記憶が関連づけられて「文字→位置→打鍵」という記憶の連鎖が成立する[*2]のだと考えられます。

 タイピングに必要な記憶の大部分は“指で覚える記憶”(技能記憶)ですが、部分的に“頭で覚える記憶”(意味記憶)で補助することも可能です。例えばローマ字入力や連想2ストローク方式などは、“指”と“頭”のどちらでも覚えることができます。
 また、記憶には、はっきりと自覚できる記憶(顕在記憶)と、何となく覚えている記憶(潜在記憶)があります。タイピングの技能は、意識的に練習するので顕在記憶であるようにも思えますが、実際は潜在記憶に負うところが大きい筈です。ある程度上達すると、覚えたことを意識的に思い出さなくてもタイプできるからです。

 ここで再びミスタイプについて考えてみます。ミスタイプのやり方をわざわざ練習する人はいませんが、なぜか同じミスを繰り返してしまいます。これは潜在記憶のなせる技ではないでしょうか? また、意識的に練習しなくても「後退」キーの打ち方はいつの間にか身についているもので、これも潜在記憶のおかげだと考えることができそうです。
 文字の打ち方も、ことさら覚えようと意識しなくても潜在的に記憶できる筈です。潜在記憶を作るには、意識の注意をそらしながら繰り返し刺激を与えることが効果的だと考えられます。

打鍵と運指

 ところで、個々の「打鍵」自体を単独で練習しても、あまりタイピングは上達しません。単純な動作には脳のある部分しか使わない[*3]ためです。複雑な動作が必要な場合は、脳内の別の場所で[*4]一度運動のプランを立ててから実際の動作を行うようになります。
 この運動のプランを立てる部分が、複数のキーを連続して打つときの「運指」に関わっていることは容易に想像できるでしょう。したがって、脳のこの部分に繰り返し刺激を与えてやることがタイピングの熟達には不可欠であると考えられます。

 よく使う「言葉→運指」の対応を練習するのがよさそうに思えるかもしれませんが、入力効率全体はあまり上がりません。多くの「言葉→運指」を練習して記憶するには、それなりの時間がかかります。言葉の入力方法を練習するように作られているソフトやテキストを用いると(達成感が得られやすい反面)、練習に多くの時間を費やすことになります。

「増田式」について

 増田忠士さんが1987年発行の『キーボードを3時間でマスターする法』で提唱した独自の練習原理は、当時から現在に至るまで一定の評価と支持を受け続けています。著者自身は、この練習法を「文字(キー位置)と手指の正確な条件反射[*5]を形成する」「手指の体操」であると位置づけています(『2時間でマスター 快適パソコン・キーボード』P.37)。

 「増田式」を簡単に説明すると、一定の順序で組み替えながら二個のキーを打つ「運指」の練習です。その際にどちらか一方のキーを固定して、もう片方を次々に変えていくところがポイントです。一巡したら、固定キーを一つずらして同じ要領で繰り返します。
 練習テキストに並んでいる文字列は一見無意味ですが、一定の順序に従って規則的に打鍵すれば正しく入力できます。つまり、練習中であってもミスタイプの確率が非常に低くなります。
 練習中の意識は、どちらかと言えば変化するキーに注目します。そのため、固定したキーは背景化して、あまり意識せずに打つことになります。その結果、一巡する間に一度だけ打ったキーは浅く顕在的に、毎回打った固定キーは深く潜在的に記憶されます。全ての組み合わせの練習を終えたときには、各キーの打鍵動作は均等に顕在記憶と潜在記憶に残っている筈です。
 また、順番が予め決まっているので、それぞれの指に対して「まだだ(動くな)」「次だ(準備しろ)」「今だ(さあ動け)」という指令を明確に伝えることができ、運動を抑制したり準備したりする記憶が作られやすいとも考えられます。さらに何度か練習を繰り返すうちに、「運指」という時系列の運動も記憶されることでしょう。

 このように、「増田式」で練習すると、ミスタイプを抑制しながら正しい「打鍵」と「運指」を記憶することができます。これは非常に合理的な練習方法ですが、一見すると無意味で単調な打鍵の繰り返しであり、あまり疲れることもないため、練習したという実感が湧かないのが欠点といえば欠点でしょう。

入力方式の選び方

 入力方式[*6]選びのポイントは、できるだけ覚えやすくて入力しやすいものを選ぶことです。そのどちらをどのくらい重視するかによって最適な方式は変わるので、一概にどれか一つの方式を最高の入力方式だと言うことはできません。他人の意見に惑わされず、自分の判断で選んで下さい。

入力効率

 単純に打鍵数を比べるだけでは不十分です。キーの位置関係によって「1打鍵」の重みに差が出るし、入力方式によってはシフト打鍵を「1打鍵」と見なす場合があるからです。

 入力効率を知るには、実際にそのキーボードを使って文章を入力した場合に、

  • よく使う文字が打ちやすい打鍵に割り当てられているか
  • よく使う文字の連なりが打ちやすい運指になるか

を見るのがよいでしょう。その評価の基準は、

  • 中段・上段は打ちやすく、下段・最上段は打ちにくい
  • 中指・人差し指は打ちやすく、薬指・小指は打ちにくい
  • 続けて打つキーが同じ指の担当の場合は打ちにくい
  • 続けて打つキーが縦方向に離れている場合は打ちにくい

という程度でも十分です(シフトを用いる入力方式の場合には、シフトキーの位置や運指も評価した方がより正確になります)。もっと詳しい基準を設定することもできますが、キーボードの特性や個人差も関係してくるので、あまり厳密に考える必要はありません。

習得効率

 タイピングは明らかに実技ですが、入力方式を覚えるにはペーパーテスト対策のような記憶法(いわゆる丸暗記)[*7]でも対処できます。文字配列と入力規則を「覚えやすさ」で評価する場合の基準は、

  • 文字配列に規則性があると覚えやすい
  • 文字配列が広いと覚えにくい
  • 入力規則は単純なほど覚えやすい
  • 入力規則に例外があると覚えにくい

といったところです。このような記憶を頭に入れさえすれば、技能はともかくとして入力はできるので、これで間に合わせている人もいるでしょう。

入力速度曲線

 入力方式の総合的な評価には、入力速度曲線を用いるのが簡単です。横軸が練習時間(累計)、縦軸が入力速度のグラフです。入力方式を選ぶ際には、このグラフが役に立ちます。

 練習初期の段階で急上昇する入力方式は、それだけ習得や習熟が容易であると考えられます。逆に上昇は緩やかでも最終的な入力速度が高い入力方式もあります。その中からどれを選ぶかは、目的や状況によって判断すべきでしょう。

おわりに

 タイピングの練習方法も入力方式も表面的なことを比べるだけでは正しい選択はできません。自分がキーボードで何を入力したいのかをよく考えて、目的に合ったものを選ぶことが大切です。とはいうものの、考えるのはほどほどにして、自分の感覚で気に入ったものを選ぶのがよいと思います。好きなものを好きなようにやった方が身につきやすい[*8]からです。


[*1]
【適切な指づかいで目的のキーを正しく打つこと】
ここでは、一般に推奨されているタイピングの方法(各キーを担当する指を決め、指先の感覚でタイプするやり方)を前提にしています。
[*2]
【「文字→位置→打鍵」という記憶の連鎖が成立する】
「位置」を経由せずに「文字」から「打鍵」へと直結できるという反論もあるでしょうが、運動の記憶が空間的な位置関係を抜きにして成り立つとは想像し難いので「位置」の記憶が介在していると考えました。これは、必ずしも「配列図」のような視覚的なイメージで記憶されているという意味ではありません。
[*3]
【単純な動作には脳のある部分しか使わない】
大脳の前頭葉にある「運動野」という領域です。ここから身体各部の筋肉に向けて随意運動の指令を発信しています。また、この指令のコピーは頭頂葉にも送られています。頭頂葉は、この情報と感覚系からフィードバックされた情報を照合して実際の運動を細かく補正しており、空間的な制御にも関係していると考えられています。
[*4]
【複雑な動作が必要な場合は、脳内の別の場所で…】
運動野の前方にある「運動前野」と「補足運動野」という領域です。運動前野は運動の準備段階で活動し、補足運動野は複雑な運動を起こす前に活動することが観察されています。また、補足運動野は、運動を起こす直前にプランを立てていると考えられています。
このほかにもタイピングに関係していると考えられる部位はたくさんあるようです。中でも、前頭葉の前頭連合野にあるワーキングメモリの働きは興味深いもので、初期の練習時には重要な役割を果たしているものと考えられます。それから、小脳が運動の調整以上の高度なことをやっているという研究もあり、タイピングに脳のどこがどのように関わっているのかを正確に把握するのは難しそうです。
[*5]
【文字(キー位置)と手指の正確な条件反射】
厳密には、形成されるのは「技能記憶」ですが、一般に陳述記憶(意味記憶やエピソード記憶)を連想させる「記憶」という語を避けるため、ここでは技能記憶と同じ手続き記憶に属する「条件反射」という用語を使っているものと思われます。
[*6]
【入力方式】
広い意味では音声入力や文字認識なども入力方式に含まれますが、ここではキーをタイプして文字を入力するものに限定します。
また、「仮名漢字変換」の対話的操作に立ち入ると話が見えにくくなるので、「文字配列」と「入力規則」によって明確に規定できる部分(具体的には、ローマ字入力・JIS仮名入力・親指シフト・2ストローク系漢字直接入力など)を前提にしています。
[*7]
【ペーパーテスト対策のような記憶法(いわゆる丸暗記)】
このやり方で対処できるような記憶の形成を、私は「習得」と呼んで、技能の上達を意味する「習熟」とは区別しています。「習熟」というと熟練の度合も評価することになる(そのためには入力速度を比較することになり、それには入力効率が影響する)からです。
いかに早く「習熟」できるかを比較したければ、入力速度曲線を用いれば良いでしょう。しかし、それは「習得の容易さ」と「入力の容易さ」を分離する目的には合いません。
[*8]
【好きなものを好きなようにやった方が身につきやすい】
好きなようにやってみて、うまくいったらそれで良いし、うまくいかなかったら、そのときに考えても遅くはありません。最初は肌に合わないと思っていたものの良さが見えてくるということは、よくあることです。

参考文献

キーボード/タイピング/入力方式関連

  • 大岩元著『タッチタイプの本』エー・アイ・ソフト, 1984年7月, ISBN4-87176-002-2
    ★エプソンのハンドヘルドコンピュータに搭載された日本語入力方式「タッチタイプ」(TUT-code)の解説書です。現在この本は入手困難ですが、TUT-codeについては下記のサイトで読むことができます。
    関連URL:Creative Workspace (CreW) - TUT-Code Web Site
  • (研究代表者)山田尚勇「タッチタイプにおける大脳半球の機能分担」自然言語入出力処理の最適化, 東京大学, 1985年3月
    ★T-codeの研究グループによるタイピング中の脳波測定実験の結果が報告されています。EEGトポグラフという脳波地図で、タイピング中は右脳が優位(他の作業に比べると前横の活動が顕著)であることが確認できます。
  • 木村泉著『ワープロ徹底操縦法』岩波新書, 1991年3月, ISBN4-00-430164-5
    ★OASYS(親指シフト)、SKY配列、増田法(増田式)が紹介されています。この本が出版されてから10年足らずの間にハードウェアやソフトウェアは様変わりしましたが、われわれ人間はうまく操縦できるようになったのかと考えさせられます。
  • 森田正典著『これが日本語入力に最適なキーボードだ〈改訂版〉』日本経済新聞社, 1992年3月, ISBN4-532-40058-9
    ★著者はM式キーボードの開発者です。論理的な設計方針が丁寧に解説されており、巻末には練習方法も載っています。
    関連URL:M式の世界(森田正典のページ)
  • 諏訪邦夫著『キーボード革命 情報電子化時代への基本技術』中公新書, 1997年1月, ISBN4-12-101340-9
    ★キーボードを自分の手で打つことの意義を説いた本です。実践的な内容で、「アイウエオ」を組み替えて繰り返し打つというローマ字入力の練習方法が具体的に示され、イメージトレーニングについても書かれています。
  • 増田忠士著『片手でらくらく 誰でもできるパソコン入力』日本経済新聞社, 1999年3月, ISBN4-532-40152-6
    ★テンキーで日本語も英語も入力できる「片手チョイ」の設定方法から練習方法まで詳しく説明されています。「片手チョイ」と互換性のある「両手チョイ」や「超絶技巧入力」(練習テキスト3課分付き)も載っており、最も先鋭的な内容になっています。
  • 増田忠士著『2時間でマスター 快適パソコン・キーボード』日本経済新聞社, 1999年7月, ISBN4-532-40163-1
    ★増田式キーボードトレーニングの最新版です。12年前と大きく違うのは、読者の声が多数掲載されている点です。
    関連URL:増田式! PCキーボードの学校
  • (その他の関連URL)
    • OASYS and CAMELLIA homepage:★「親指シフト」の開発の経緯と、初期の日本語キーボードに関する詳しい資料があります。

脳/記憶/意識関連

  • 酒田英夫/安西祐一郎/甘利俊一共著『脳科学の現在』中公新書, 1987年1月, ISBN4-12-100826-X
    ★神経生理学、認知科学、数理工学の三つの立場からの「報告」と共著者による「討論」の二部構成になっています。やや専門的な内容です。
  • 立花隆著『脳を究める――脳研究最前線』朝日新聞社, 1996年5月, ISBN4-02-256966-2
    ★最先端の研究者への取材を元にして、研究内容が具体的に解説されています。小脳の働きも無視できないことが分かります。
  • 養老孟司著『考えるヒト』筑摩書房, 1996年7月, ISBN4-480-04201-6
    ★「情報系」という視点から、今まで漠然と抱いていた脳のイメージがはっきりと見えてきます。
    関連URL:養老リンク
  • 下條信輔著『サブリミナル・マインド 潜在的人間観のゆくえ』中公新書, 1996年10月, ISBN4-12-101324-7
    ★閾下知覚、潜在記憶、無自覚の行動に関する解説は、タイピングとからめて読むと興味深いものがあります。無意識的なタイピングを目指す人やミスタイプに悩んでいる人にお薦めします。
  • 山元大輔著『脳と記憶の謎 遺伝子は何を明かしたか』講談社現代新書, 1997年4月, ISBN4-06-149351-5
    ★短期記憶と長期記憶の違いが、神経細胞の分子レベルで解き明かされています。これを読んで脳が頑張っていることが分かると、タイピングがなかなか上達しなくても安心(?)できます。
  • ジャン・ドラクール著/須賀哲夫/中村祐子/中村欣哉共訳『脳はこころである』白水社(文庫クセジュ), 1997年9月, ISBN4-560-05794-X
    ★心身二元論を批判し、「同一説的唯物論」の立場から脳とこころを説明し得る神経回路網モデルを提出しています。物足りなさを感じるのは、これが出発点だからでしょう。
  • 澤口俊之著『「私」は脳のどこにいるのか』筑摩書房, 1997年10月, ISBN4-480-04213-X
    ★「自我」が脳内のワーキングメモリの活動であることを、著者自身による最新の研究結果を踏まえて解き明かす、先鋭的な研究の報告です。意識的タイピングの正体がはっきり分かります。
    関連URL:BIO PARADIGM SESSION
  • 苧阪直行著『心と脳の科学』岩波ジュニア新書, 1998年3月, ISBN4-00-500298-6
    ★バランスのとれた入門書であり、最新の研究成果も盛り込まれ、将来に向けての研究の指針が示されています。第4章「『記憶』の不思議」には、ワーキングメモリの容量を試す方法が紹介されています。自分で試してみるとワーキングメモリの限界が実感できます。
    関連URL:思考のワーキングメモリー, 空間性および言語性ワーキングメモリの相互作用
  • クォーク編集部編/久保田競解説『賢い脳の作り方 脳の不思議がよく分かる本』講談社+α文庫, 1998年6月, ISBN4-06-256272-3
    ★科学雑誌「クォーク」の記事を再編集したもので、図版も多く、バラエティーに富んだ読みやすい内容です。タイピングの練習方法だけではなく、食事・運動・睡眠などの日常生活にも気を配る必要があることが分かります。また、自分の脳の得意分野を知るのにも役立ちます。
  • 養老孟司著『唯脳論』ちくま学芸文庫, 1998年10月, ISBN4-480-08439-8
    ★1989年に青土社から刊行された同名の書籍の文庫版です。視覚と聴覚という異質な感覚を共通に処理する必要から言語が生まれたという説得力のある仮説が新鮮でした。読んでも聞いても同じ言葉だと思える(同じようにタイプできる)のは、改めて考えると凄いことです。社会の情報化が進んでいるのに、タイピングという身体運動がなぜか忘れられがちなのも、実は「脳化した社会」の現れかもしれません。
  • 山鳥重著『ヒトはなぜことばを使えるか 脳と心のふしぎ』講談社現代新書, 1998年11月, ISBN4-06-149427-9
    ★脳と言葉の関りが詳しく解説されています。よく「喋るようにタイプする」といいますが、喋るだけでも脳の中でこれだけの部位が働いていることを知ると、大脳の活動抜きではタイプできないことが納得できます。
  • 下條信輔著『〈意識〉とは何だろう 脳の来歴、意識の錯誤』講談社現代新書, 1999年2月, ISBN4-06-149439-2
    ★『サブリミナル・マインド』の姉妹編です。記憶が脳-身体-環境の相互作用の中にあるという考え方は、タイピングの技能記憶はキーボードの感触に支えられているという実感とよくマッチします(道理で、筆記具を持っているときには指がタイピングの動作をしないわけです)。
  • リタ・カーター著/藤井留美訳/養老孟司監修『ビジュアル版 脳と心の地形図 思考・感情・意識の深淵に向かって』原書房, 1999年12月, ISBN4-562-03270-7
    ★私が読んだ中でどれか一冊を選べと言われたら、迷わずこの本をお薦めします。
  • (その他の関連URL)
    • 高次脳機能のシステム的理解:★広範囲にわたる興味深い論文(の梗概)が掲載されています。私の知識と読解レベルではとても太刀打ちできませんが、一般の解説書に書かれていることは、ほんの一部分だけだということは分かります。
    • シナプス研究会:★シナプスの形成・維持・可塑性に関する研究会です。発表内容の概要が掲載されています。
    • M. Morita's Home Page:★「ニューラルネットによる情報処理」、「脳の記憶システムのモデル化」など、タイピングにも関連しそうな論考があります。


[ リンク集 | キーボード | 漢字直接入力 | m(as)m's home position ]
AND OR