名づけたり 予告したりで 夏祭り

 まつりごととはいうものの、いつ解散するかとか何解散と呼ぶかなんていう中身のないことばかり話題にしているのを見ると、うんざりしてきますね。

これだけは 移植できない ノーの意思

 どうやら参議院でも可決されたようですけど、いろんな立場の人がそれぞれ意見を持っている問題について、十分に議論されたかどうかが気になります。臓器を提供したくない本人や家族が拒否できるのだから、一応歯止めはかかっているように見えます。
 しかし、「脳死を一般に人の死と位置づける」という点には、今後、いろんな問題を生じる恐れがあるでしょう。仮に、脳死状態の人がいても家族の同意がなければ「死んでいる」とは見なされないとなると、身寄りのない人が脳死状態になったときは誰が判断するのか。あるいは、脳死状態になった脳を治療できる可能性が将来にわたって皆無だと断定できるのか。
 法律が成立しても、まだ議論は続けられると思います。自分(の脳と脳以外の体)が生きているうちに自分(の脳と脳以外の体)で考えましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/14

コメントする

カレンダー

<   2009年7月   >
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ

このページについて

このページは、御影静香が2009年7月14日 21:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「この顔じゃ 選挙は無理と 有象無象」です。

次のブログ記事は「太陽を 隠した月を 雲が邪魔」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。