船頭が 多くて解なし 大連立

 今回も思い付くままに勢いで書いております。

 せっかく「一定のメドがついたら辞める」と言ってるんだから、「早くメドをつけろ」と尻を叩くなりなんなりすりゃよさそうなもんですが、なぜか辞任時期の予想だとか大連立するのしないので、ああでもないこうでもないと盛り上がっているようです。こんな人たちに被災地の復興やその他もろもろの山積みになっている課題が迅速に解決できるのかどうか…。

 まさか、「成り行きでこうなってしまったからには出たとこ勝負で…」なんて考えじゃないでしょうけど、現状に問題があるというのなら、それをどう解決していくのかという具体的な方法について、是非オープンな場で議論してほしいところです。

 ところで、大連立を煽っているのは一体誰なのかという点も観察しておいた方がいいと思いますよ。法案が通りやすい状況になった時に誰が一番喜ぶのかと考えれば、大体想像がつくでしょう。残念ながらマスコミも一緒になって煽っているようなので、チェック機能は期待できません。

 今のところ曖昧な情報ばかりで五里霧中ですが、「霧が晴れたら山の上でした」なんてオチでは笑えませんよ、ホントに。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://homeposition.net/mt/mt-tb.cgi/1049

コメントする

カレンダー

<   2011年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ウェブページ

このページについて

このページは、御影静香が2011年6月 7日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「青いれて 白いれないで 菅おろす」です。

次のブログ記事は「書く前に よく読みよく聞き よく探せ」です。

最近の記事はメインページで、過去の記事はアーカイブで閲覧できます。